Last.fm

今作業場にしてる部屋ではFMラジオが聞けません。
手持ちのCDやレンタルしてきたのをiTunesで流すことが多いのですが、新しいのを気軽に探す、という意味では若干欲求不満。

Windowsでは「Napster」というサービス(有料)が利用できて、定額聞き放題なのですが
普段の作業はMacなので活用しづらく、たまに使うには料金も高いので(月1280円)何か良い方法はないのかしらと思っていました。

そしたら昨日、見つけました。
Last.fm
というの。有名?
インターネットラジオで、napsterより随分安く利用できます。(月3ドル)

まだ使い始めたばかりでよくわかってないのですが、好きなアーティストを登録すると、それに関連しそうなのをまとめてラジオにして流してくれるみたいです。

さっきからちょこちょこいじってましたら、雑食だわーと思ってた自分の音楽の系統にもそれなりに傾向があるのが見えてきておもしろーい。
アーティストを登録するごとに、こちらはいかがですか?的に、いろいろなアーティストが表示されるのです。好きなのが次々出て来た。
Napsterにも似たような機能はあるけど、Last.fmのほうがいい感じだわ。
なんとなくそうかなーと思ってたけど、洋楽の場合はイギリス/アイルランド系が好きなことで間違いないようです。

——–
今日会ってた大学時代の先輩に最近はどんな音楽聴くの?と尋ねられて毎度のことながらちょっと答えに困ってたところだったのですが
maccoさーん!洋楽だとイギリス人が好きみたいですよー私!
——–

今は無料お試し期間ですが、このまま良さそうだったら検討してみようと思います。

BGM

音楽が好きというと、だいたい「何を聴くか」と尋ねられますが、大概雑食なので、答えに困ります。
気分と状況によってさまざま、あまりにピコピコしたのと、あまりにヘビーメタルなのと、あまりにYo!なの意外は楽しみますといった感じ。

さっきまで流してたのはcoccoの英語の曲ばかりをセレクトしたプレイリスト。
独特の歌詞の世界が特徴的なcoccoですが、実は楽曲もかなり良い!と個人的には感じてます。まぁ素人の意見ですけど。

雑誌のインタビュー記事などを読むと、心を病み、自分が「ただのミュージシャン」になってしまうことを拒んでいるようなのですが、私は彼女の音楽にこれからも触れていたいです。

経年変化?

いろいろがちょっと一段落ついたので、
今日は一人で勝手に「お休みの日」と決めて
久しぶりに一人カラオケへ。
たまに思いっきり歌わないとだめでっす。

で、気がついたんですが、私、声域が高くなった……???

いままで、高くて歌いにくい曲はあっても低くて歌えない曲って、男性ボーカル含めてほぼなかったのです。
普段の声も男みたいとか言われて、カラオケでもまともに歌いたいときは男性ボーカル主体。
でも、なんか今日は様子が違いました。あれれ?

一戸建て住まいかつ昼間家にいて四六時中歌ってた学生時代から随分時間が経ち、
毎日発声練習してた演劇部時代もはるか昔、
さらに筋力も落ちる一方の現状において、声域が広がってるはずはありません。
加齢も考慮すれば、声域は狭く低くなってると思われるのですが、
なんか違ったー。。。。
今まで歌えないと思ってたのが歌えたー。。。
今までベーシックだったのが歌いにくかったー。。。

マンション住まいで大声出すわけにはいかないけど、
それでも細々、どうやったらうまく歌えるのかなーとちょこちょこ声を出してみてる私にとっては、なにやら興味深い変化でありました。
また時間見つけて行ってみよう。一人カラオケ。

そういえば、ここしばらくは声だけじゃなく、
顔が濃いとか、親がインド人か?とかも言われなくなったし、
昔は初対面の人には怖そうとかしゃべらなそうと言われてたのも、逆に楽しそうとかしゃべりやすそうと言われるようになったし、
なんとなく、「アク」が抜けてきたんですかね…??
さらに10年くらいしたら、いよいよはっちゃけていきますかね…?
楽しみですねぇー

記憶喪失

1週間ほど家を明けて、主婦業にも復帰したわけですが
なんか記憶喪失気味で戸惑っています。

おたま、どこ?
マグカップどこしまうんだっけ?
あのレシピ、どうだっけ??

てな具合で。

まぁ、1週間プラスその前1ヶ月以上てんやわんやだったんで
そのことも影響してるのでしょうけど

制作が立て込むと記憶喪失になるのは学生時代からなので、初めてのことでもないのですが。

—-
東京滞在中にBSで放映されてたドリカムのライブを、旦那さんが録画してくれてたので早速観ました。
デビュー20周年で、複数の女性アーティストがドリカムの曲をカバーしていく構成。
ほとんどはまぁ、まぁ…て感じでしたが(というか、ずっと一緒に歌ってたので、聞いてなかったというべきか。笑)
最後の上原ひろみちゃん、素晴らしかった!!
美和ちゃんとの即興のかけあいがかっこよかったー
音対音でコミュニケーション取るって、一体どうなってんだか、すごいです。
私には残念ながら音楽の才能はなかったみたいですが
それ故に憧れます。

いつか音楽関連の仕事するのもあこがれ。(それで、今回の個展のタイトルもオトノカタチ、だったのですが)

いいもの観ました。