世界観。

運動でもしようかなぁと、ここ最近、何度か近所の文化センターなどを覗きにいってたのですが、実に色々な講座があることを改めて知りました。
「新聞紙でつくるエコバック講座」とか。
なんだよそれ、誰がそんなもんにお金だしてわざわざ学ぶんだよ。大体そのバッグ使うの!??と突っ込みたいところですが、注目すべきはそこではないのでしょう。
世の中・商売・金儲け、中身ではなく口先一丁だ、あ、いえ、そんな言い方したら下品ですね、何事もプレゼンテーションだ、というべきでしょうか、そういうことを思いました。
実際、お金出して学びたい人が存在するから講座があるんですしね。

例えば、
料理ものすごくうまいけど盛り付けやテーブルコーディネートがイマイチ < 料理はそこそこだけど見せ方がピカ一。
商品はものすごくいいんだけど、ディスプレイが適当 < 商品一点一点は他でも買えるけど、セレクトと見せ方がかっこいい。

人類一般的な志向なのか、現代の在り方がそうなのか、わかりませんが、少なくとも今私が生きている先進国の隅っこでの現実はそう見えます。

口先一丁なんて言いましたが、もちろん、適当な言葉でええように言い繕う、という程度の意味じゃないです 。
ストーリーを感じせ、世界観を見せる。
新聞エコバッグだって、新聞でできたエコバッグが欲しいと思わせているわけではなくて、思いがけないものから結構な見栄えの、しかも使えそうなものが作り出せる、というその物語に参加者は惹かれるんだと思うのです。私がやってる絵やものづくりの世界でも同じです。
しかし、私はどうもそういうところが苦手です。

料理は好きだけど、盛り付けはもちろん、テーブルコーディネートなんて正直どうでもいいし、自分がつくったものも、誰かいいようにアレンジしてよーん、と思ってしまう方です。商売をするという意味では、明らかに弱点だと思います。
(そもそも作るもんが大したことないやん、という批判はもちろん受け付けますが)

世の中、こういうケースは溢れているんでしょう。
そんじょそこらの料理研究家より料理が上手な主婦はたくさんいるでしょうし
売れっ子自己啓発本作家よりはるかに深い言葉を持つおじいさんもたくさんいるでしょう。
何が違うかというと、本人にその気があるかないかという話を除くとすれば、それを外に向かって見せ(られ)ているかどうか。
中身が全くダメなものであれば、いくらストーリーを作り上げたところで意味を成しませんが、ある段階でもって、商業的には、中身の重要性と外見の重要性が逆転する(ことも多い)、そんな感じがしています。

コミュニケーションだとか4Pだとかプレゼンテーションだとかマーケティングだとか、一生懸命勉強しましたが、自分が行動しながら感じ取ることは、歩みはやたらにノロいですけど、格段の立体感を持って見に染みます。

テストの前になると掃除を始めるの法則、の、ような。

線画sample_手紙.jpg

線画とか版画とか、そんなようなチマチマっとしたアナログ作業がしたくなってしまいました。

太い鉛筆で描いて、photoshopで色をつけて、
ふと思い立って、プリンタで版画してみました。

いい加減な写真ですが、上が色(レイヤー)別に何度もプリンタを通して、版ズレを狙ったもの。
下は普通に一回で印刷。
Exif_JPEG_PICTURE

気軽な遊びはええですな。

旅の準備

このところ、外出時には夏の旅行服シミュレーション中。候補としていた麻のワイドパンツは、はき心地、でっかいポケット共に◎なのだけど、きっちりついた裏地のせいでかなり暑いことが判明。残る3つの候補から、タイパンツ(綿)は涼しさは◎だけど、トイレでの脱ぎ着に難があり、裏地なしの麻ストレートパンツは、涼しさ乾き易さは良いけど、股上が浅いので履き心地がイマイチ。厚手綿のワイドパンツは履き心地、ポケットが◎だけど、涼しさが?なのと、万一濡れたときの乾きの遅さが難点。

後は、しわしわインドスカート一着。軽くてコンパクト、その割に布はたっぷりとってあるので着やすい。柄物なので、少々汚れても目立ちにくいし、なんだったら首から被ってポンチョのような防寒着(クーラー対策)にもできる。

トップスは無印のカップ付きシリーズ一枚で行くのも考えてるけど、あれは胸元の布が二重になってるところが乾きにくいんだよねぇ。夏の外歩き、一日数回着替えること必至、洗濯必至なのでそこは考えどころ。だったらジム用ブラと薄手Tシャツのほうがいいか。

薄手Tシャツは、数年前の国内夏旅行時に、あまりの汗で足りなくなった着替えのために急遽500円で購入したユニクロ「ヴォルビック」Tがとても優秀。ペラペラ薄手ゆえに乾き易くてコンパクト。その割によれたりもせず。同じようなのが今もあればいいんだけど。
厚手綿のしっかりしたTシャツは、乾き易さという点ではあまり魅力がない。インド綿みたいなつるっとした薄手のが着易いね。
他、pumaの、サッカー練習時に着るみたいな生地のTシャツも優秀なので持っていく候補。デザインは街着向け。スポーツ、アウトドア用品は旅行にもいい。

こんなことを考えるのも、旅の楽しみ。

行けば行くほど自由なんです

ほぼ日での、草刈民代さん、周防監督、糸井さんの対談を読みました。
対談後半の草刈さんの言葉、
「行けば行くほど自由なんです」
なんてかっこ良くてうなずける言葉なんでしょう。

草刈さんは表現者、芸術家として、未だ道のない道を進んでいくことについて言っているのですが
私としては、モノをつくる人間として共感すると同時に、普通の人が自分の人生を生きるにあたっても当てはまる言葉だと思いました。

自分で考え、自分の良いと思う選択肢を取ると、周囲から批判されるのは日常的なことです。
例えば、「楽しく仕事したい」と言えば「仕事は辛いもんだ」と言われる。
楽しいという言葉の捉え方自体が人それぞれという前提問題はあるにせよ、
みんな我慢してるんだからお前も我慢しろ、という理屈はしょっちゅう突きつけられます。
苦労こそが美徳、地道に努力してればいつか報われるという日本人好みの価値観でしょうか。

「電話は面倒だし、相手の都合もあるんだからメールで」と言えば
「メールなんて失礼だ」なんて言われることもあります。
それが習慣だ、この世界はこうなんだ、って話です。
電話が最先端だった頃は「電話なんて失礼だ」だったのに、そんなこと忘れちゃうんでしょうね。

ここ最近、私の「生き方」に関する興味として
「評価経済」や「ノマド」というキーワードがあります。
既存の価値基準にとらわれず、より自分にフィットした、より時代にフィットしたやり方で
自分にとって幸せな居場所をつくっていこうよ、という考え方です。
(評価経済については、玉置沙由里さんや、岡田斗司夫さん/子飼弾さんなどがブログや著書で触れていらっしゃいますので、興味のある方は読んでみてくださいね。)

私もモノ作りをしていて、あるいはどうにも商売が苦手だということもあって(苦笑)こういった考え方はとってもしっくり来るので、
自分が実践するにはどうするのがいいかな、と地味にチューニングしているのですが
恐らくこういった事も、ある人たちから見れば、甘ったれたユートピア論でしかないんだろうと思います。

理想の実現を甘えやユートピア論で終わらせないためには、もちろん徹底して実践し、お腹に力を入れて内外の障害物に抗わなければなりません。
が、その時に「行けば行くほど自由なんです」という言葉はとても響く!
そう。批判や反論、障害物はあろうとも、やっちゃえば、形になっちゃえば、その段階ごとに確実に自由になれるんですよね!

この言葉に至るいろいろなお話、どれも興味深いのですが、芸術やモノ作りにしろ、生きる事そのものにしろついて回る「お金」や「環境」についてのお話もおもしろいです。
いくつか引用させていただきますが、よかったら通して読んでみてくださいね。

お金を稼ぐことがどれだけ大事か

でも、機会をもらって映画に出て、
世間的な知名度が上がったおかげで
バレエの仕事が増えた。
そのぶん収入も変わりました。
そうすると、
自分に必要だと思うトレーニングやレッスンに
ものすごくお金が
つぎ込めるようになったんです。

私がそういうことをやりはじめたら、
周りの先生たちに
ものすごく批判されたんですよ。
「トレーニングと組み合わせても、
 バレエダンサーの体にはならないよ」と。
でも私は、ケガを克服していかなきゃ
ならなかった。

結局7年間で
腰痛は一切なくなって、体も変わり、
踊りのレベルもすごく上がりました。
やはり自分が思う存分使えるお金がなければ、
なかなかそこまではできません。

私はわりと性格的に強いところもあるし、
ほかの仕事をしても
踊りをやりきるという筋は曲げなかったので
いろんなチャンスを
踊りを活かすためのものにできました。
でも、それを踊ってる本人全員に
求めるというのも、ほんとうは変な話です。

行けば行くほど自由なんです。

でも、こういう題材を映画にして、
こんな作品ができたということがあれば、
映画を作る人たちにも、もっと
「あ、なんでもありかな」って
思ってもらえると思う。

映画監督でも踊る立場でも、やりようによって
その人なりに行きつく所が
絶対にあるはずです

つくる人。

webサイトのサーバーを引越しました…と言っても、見た目も中身もそのまま移動したので新鮮味がありませんね。
サーバーとかサイトの扱いって、きちんとした知識があれば難しくないのだと思うのですが、
私は試行錯誤しながらなんとか形にしてるので、結構苦労します。いや、苦労というか、ひたすら時間と精神力を消耗するというべきか。
今回の引越は、自分的にはかなりがんばった!そして大きなトラブルなく終わった!で万々歳なのですが、
見た目には何にも変わらないので、一人で拍子抜けしてるのでありました。つまらないなぁ。誰か褒めてー。
…まぁいいのですが。

ところで昨日、知人と話をしていて、私はとにかくモノをつくるのが好きなのねーという風に言われました。
自分でも自覚してますが、そうなのですね。イラストやら人形やら作ってるので、「自己表現」が大事な人というふうに見られるかもしれないのですが、
私としては「自己表現」という感覚はあまりなく、「モノ」づくりが好きというほうがしっくりきます。
自己表現だったら、こうやって文字で表したほうがいい。
いっそ肩書きもイラストレーターとか雑貨作家とかじゃなく、なんか別のもののほうがいいんじゃないかなぁなんて、最近はぼんやり考えています。

ちなみに今日「つくったもの」はお昼ご飯のラーメン。
植物性材料のみ、化学調味料の類いも一切使わず、ほんとに美味しいラーメンです。
白ネギ(青いところで良い)、にんにく、生姜を刻んで弱火でじっくり炒め、
麦味噌、練りゴマ、刻みトマトも加えてさらに炒めます。
そこに昆布椎茸のだし汁(水だしを常に冷蔵庫に常備してあります)を入れて、軽く煮立てたら
味を見て微調整。

その時により、ここに豆乳を足したり、最初の香り野菜のところに香菜の根や豆板醤を加えたり。
私は味噌ラーメンが好きですが、醤油やナンプラーでも美味しくできます。
その他の具材も適当に。
簡単で、家にあるものだけでできるのに、ほんとーーーに美味しいです。


※ちなみにこの画像は今日のじゃなくて、数日前の違うバージョン。
このときは味噌じゃなくて醤油だったかナンプラーだったかで。