もりもり

モリモリ制作中です!
合わせて、個展に必要なこまごました準備やらいろいろ。

人間て集中すればするほど次の扉が開くもの…というのは前回の日記でも書きましたが
ますますそれを実感してます。

わかりやすいところでは、写真。
つい最近、一眼レフを手にいれて、作品の撮影も前よりは随分いい感じで撮影できるようになった!??と思ってるのですが、そういう経験をすると、これまでなんとなくしか見ていなかった雑誌などの写真がいろんなメッセージを持って自分の目に飛び込んでくるのです。
すごくおもしろい体験ですが、同時に、またとりくむべき課題がっっっ!!!!!と舞い上がってしまったり。

作品ももちろん、あれもつくりたい、こんなこともしてみたい、と妄想だけがモリモリモリモリ沸いています。
その大部分は実際手を動かしてみたら大したことなかったりもしますが、それでも、妄想したことは手を動かしてみること自体に意味があるのだなぁ、と思います。

一眼レフ

デジタル一眼をとうとう入手しましたー
作品写真を撮影したりするのに、どうせならただの記録写真ではなく、世界観を表現したい!と前から欲しかったのです。

思えば一眼レフとの出会いは大学の授業。真面目な学生ではなかったので何を学んだか?というと謎ですが(わたしのバカ!)撮影はとにかくおもしろくて、いつかもう一度、と思っていたのです。

今回入手したのはNIKONのD40という入門機ですが、なかなか評判のよい機種らしく、また軽くて小さくて相棒としては申し分ないヤツです。

どんどん使いこなしていきたいなー

mainimg

Love River

大阪市主催のLove Riverというイベントに作品で参加させていただきました。
今回は「水」がテーマでした。

loveriver1

loveriver2

作品は、後日Portfolioにもアップしようと思います。


会場には南船場のベトナム料理屋「ANGON」の屋台が出ていたので、私と旦那さんは迷わず鶏肉のフォーとベトナム風焼きそばを。

ANGONがおいしいのは前からわかってるけど、今日のフォーも、うっかりヤッホー!と叫びたいたいくらいの美味しさでした。
やっぱり、プロのつくるフォーというのはこうでなくてはいけないと思う。鶏がらスープにフライドオニオンとライム果汁とパクチー放り込めばそれっぽくなるんでしょ、という程度のものじゃいけないのだ。

ANGONのフォーは、鶏がらベースで、フライドオニオンも柑橘系果汁も入ってたとは思うけど、それ以外にも複雑な味わいや香りがいい感じにまじっていた。スルメもはいってましたね。あと、なにやら甘い香り。シナモンのようにも思えたけど、ちょっと違うような気もする香りがほんの少し。
おいしかったー!

あ、こんなのも飲みました。
大阪市水道局が売り出しているお水。

honmaya

このピンクっぷりは結構好きです。

かわいいもんずき

基本的にかわいいもの好きなのでしょう。
立体ものも好きゆえ、これ↓も、めっちゃかわいいです。
http://www.1101.com/store/amigurumi/index.html

こういうの生み出して毎日過ごすっていいなぁー!
て、まぁ、そう思ってるから私も立体ちゃんたちを生み出しているわけですが
正真正銘、これが「しごと」になるっていうのは、目標であります。

リサ・ラーソンのつくる陶器の動物のような(あるいは私のつくる子のような)シュールなかわいさも好きなんだけどね、
タカモリ・トモコさんのこのあみぐるみとか、
原優子さんのぬいぐるみとかの、100%ど真ん中にかわいいものも大好き。

ただ、じゃあぬいぐるみ持ちなのか?というと
人からいただいたのと、自分でつくったの以外はほとんど持ってません。
これは不思議な気もしますが、基本的に、「いいなぁ!」と思ったものは、所有したいというよりも
自分で作りたい方向に向くようです。

少し前には編ぐるみに凝ったこともあります。
自分の結婚式も、ウェルカムベアーならぬウェルカムピッグの編ぐるみをつくりました。
(でも、編ぐるみも、ぬいぐるみも、完全オリジナルはできないんだなぁ・・どうやって展開したらいいのかわからない。
憧れます。)

編み、でも縫い、でも、ペイント、でもいいけど自由に大らかにつくっていきたい。
それで人に喜んでもらいたい!
これから、人に見てもらう機会が増えると、どうしても「どう見られるか?」て意識せざるを得ないのだろうけど
大らかに、自由に、楽しんで、というココロは絶対忘れないように!

たけのこと春キャベツのパスタ

たけのこと春きゃべつのパスタ

昨日に引き続き。

本日のお昼は「たけのこと春キャベツのパスタ」にしました。
せっかくの野菜の香りを大事にしたかったので、ソース(具)は蒸して仕上げることに。

この方法は、油を取りすぎたくないときなんかにも使えますが
蒸し器の下段(お湯をはるところ)でパスタをゆでて、同時に上段で野菜を蒸し上げてしまいます。
野菜の蒸し上がり時間さえ逆算しておけば楽ちん!
ポイントは、パスタをゆでるお湯にしっかり塩を入れておくこと。
ソース(具)には塩は入れません。

【材料】1人分
パスタ 100グラム
春キャベツ2枚くらい
たけのこ(今回は姫皮の部分)ひとつかみくらい
にんにく ひとかけ
エクストラ・バージン・オリーブオイル
胡椒

【作り方】
きゃべつは太めの千切り、たけのこはたべやすい大きさの短冊切りに。
蒸し器の下段にお湯を沸かし、塩を多めに入れたらパスタを入れ、
同時に上段にキャベツ、たけのこ、つぶしたにんにくを入れて10分(時間はパスタのゆで時間に合わせます。)

パスタがゆであがったらお湯を切り、蒸した野菜をあえて、仕上げにオリーブオイル、胡椒をふります。

野菜の香りと甘み、パスタのうまみ、火を入れないオリーブオイルのフレッシュな香りが楽しめます!