Love River

大阪市主催のLove Riverというイベントに作品で参加させていただきました。
今回は「水」がテーマでした。

loveriver1

loveriver2

作品は、後日Portfolioにもアップしようと思います。


会場には南船場のベトナム料理屋「ANGON」の屋台が出ていたので、私と旦那さんは迷わず鶏肉のフォーとベトナム風焼きそばを。

ANGONがおいしいのは前からわかってるけど、今日のフォーも、うっかりヤッホー!と叫びたいたいくらいの美味しさでした。
やっぱり、プロのつくるフォーというのはこうでなくてはいけないと思う。鶏がらスープにフライドオニオンとライム果汁とパクチー放り込めばそれっぽくなるんでしょ、という程度のものじゃいけないのだ。

ANGONのフォーは、鶏がらベースで、フライドオニオンも柑橘系果汁も入ってたとは思うけど、それ以外にも複雑な味わいや香りがいい感じにまじっていた。スルメもはいってましたね。あと、なにやら甘い香り。シナモンのようにも思えたけど、ちょっと違うような気もする香りがほんの少し。
おいしかったー!

あ、こんなのも飲みました。
大阪市水道局が売り出しているお水。

honmaya

このピンクっぷりは結構好きです。

黒ごまアイス(レシピ)

生クリームがあまっていたので、黒ごまアイスをつくってみました。
砂糖の量が適当なのですが、だいたいこんな感じです。

【材料】
純生クリーム(乳脂肪分40%) 100cc
卵黄 2個分
卵白 2個分
牛乳 100cc
バニラのさや 1/2本
砂糖 100グラム弱くらい?
黒ごま 大さじ2杯〜3杯くらい?

【下ごしらえ】
・黒ごまはかるくすっておきます。

【作り方】
■アングレーズソースをつくります。
1.卵黄を小鍋にいれ、砂糖の1/3量を加え、泡立て器でしっかりすり混ぜます。
 ※ここで空気を含ませることで、このあと牛乳を加えたときに固まりにくくなります。
2.牛乳を別の鍋に入れ、バニラの中身(種)をさやからこそげだしたものと、さやを加え、沸騰直前まであたためます。
3.1の小鍋に2の牛乳を、少しずつ加えながら泡立て器で混ぜます。(熱で玉子が固まらないように!)
4.3の小鍋を弱火にかけ、かたまらないようにかきまぜながら、とろみがでるまで熱します。
5.氷水等でしっかりと冷やしておきます。

■メレンゲをつくります。
1.卵白を清潔な(=水分、油分が一切ついていない)ボウルにいれ、塩(分量外)をひとつまみいれます。
2.同じく、清潔な泡立て器で泡立て始めます。
3.都中、砂糖の1/3量を2-3回に分けて加えながら、ツノが立つまでしっかり泡立てます。

■生クリームを泡立てます。
1.生クリームに残りの砂糖を加え、角が立つまで泡立てます。

■それぞれの材料を混ぜていきます。
1.生クリームに黒ごま、アングレーズソースを加え、ゴムベラで切るようにまぜます。
2.1のボウルに、メレンゲをまず3/1程度くわえてしっかり切りまぜ、その後、残りの卵白も加えて手早く、むらなく混ぜ合わせます。
3.すべてが混ざったら、適当な容器(蓋ができるもの。ステンレスや琺瑯製だと冷えやすくてよい)に流し入れ、
蓋をして冷凍庫で冷やし固めます。

生クリームが少なめなので、わりとあっさりいただけます。
固まったら早めに食べましょう!

今回の野菜

今回Tさんから届いた野菜は
・人参菜
・にら
・新たまねぎ
・スナップえんどう
・フリルレタス
でした。

人参は、GWに畑にお邪魔したときに雑草取りをお手伝いしたものが成長したもの!
あの後、間引いたものを人参菜として送ってくれました。
まだ3週間くらいしか経ってないのにこの成長ぷり!すごいなぁ!!
(ちなみに我が家のベランダにはルッコラがいるのですが、もう1ヶ月近く経つのに全然成長してません。なぜ?)

届いた野菜を作って早速つくったのは
・タマネギと青唐の串焼き
・ニラの卵とじ
・ポテトサラダ(フリルレタス添え)

タマネギは弱火でじっくり火を通して甘く、仕上げます。
そこに青唐の青臭さと、七味、山椒の香りがいい感じ。
串刺しにした姿もユーモラスで楽しい。
新たまねぎと青唐の串焼き

ニラ、フリルレタスはまずはそのままちぎって噛んでみたのですが
さすが、しっかりした味がします。
ニラはピリっと辛いし、フリルレタスはその名に反して硬派な味わい。
それぞれ、卵とじと和風サラダに。
ニラの卵とじ、和風ポテトサラダ

ごちそうさまでした。

人参菜、スナップえんどうも楽しくいただきます!

イトウ食堂

鯛めし お料理、一部

本日は我が家にたくさんお客様が来てくれましたー!
全部で大人11人、お子様2人、
中国から、ロシアから、日本から。
皆さんありがとうございました!!!

皆がそれぞれにワヤワヤ楽しんでる空間は、ほんとに嬉しいです。
私のおもてなしは毎度てきとー(皆好きに過ごしてください型)なので
至らぬ点はあったかと思いますが、私自身はたっぷり楽しみました。

今回のメニューは、一部味付けが中途半端やったなぁ、、と反省してるのもあるんですが、
メイン(?)の鯛めしは我ながら美味しくできたので、ヨシとすることにします。(写真左)
ちなみにこの鯛めしは旦那さんのお父さんが趣味で釣り上げてきたものです。
本物の鯛めしは「尾頭つき」でつくるのだと思われますが
この鯛は大きすぎるので直径24センチの鍋でも「頭」しか入りませんね。
身は予めほぐしてちゃんと入れてます。

写真右は料理の一部。
上から時計回りに、
・くるみといちじく入りサラダ、
・白和え、
・トマトとザーサイの中華風サラダ、
・豚シャブサラダ、(・・てサラダばっかりみたい・・)、
・三つ葉としめじのおひたし、
・豪華な(=スペアリブ)肉じゃが。

撮りそこなったのですが、全部で10品+αくらいつくりました。
他は
・ミートボール入りトマトソースのパスタ(これか中途半端やった・・・)
・蒸し野菜・生野菜のいろいろディップ(くるみ味噌、麦味噌ディップ、白花豆のディップ)
・ししゃも春巻き
・コブサラダ
・鯛のアクアパッツァ
・ホタテ貝柱のぬた、ゆず風味
・鯛めし

毎度のことですが、もうちょっと盛り付けが上手にできたらなぁと思います。
お皿が限られてるのもありますが、ほんと難しいし、器用に盛り付けることができない・・

あと、今日はおみやげで赤福をいただいたのですが、
実はわたしは赤福初めてなのでした!
ただのあんこもちかと思ってたら、想像以上に柔らかくて口どけがよくておいしいですねぇ!
チョコレート、もみじまんじゅう、お酒いろいろ、お花もありがとうございました!

今回きてくれた皆さんも
お招きできなかった皆さんも
またぜひ来てもらえたらいいな?。

やお屋の二かい

今日は大学時代の友人と京都でランチ。
4年ぶり?くらいでしたが皆変わっておらず、でも、仕事が変わったり、子供が生まれたり、と少しずつ変化を重ねているようでした。

お昼を食べたのは、錦市場の「やお屋の二かい」
京野菜などを扱う八百屋「かね松」さんが経営している、その名のとおり二階にあるおばんざい屋さんです。

本日のメニューは
・やお屋の麦味噌汁
・アスパラと南京の天ぷら
・京人参とセロリのきんぴら
・水菜とお豆腐のサラダ
・蕗と厚揚げの炊き合わせ
・たけのこご飯
・お漬け物

やおやのにかい[ cooking,foods ]

デザートは
・そらまめの道明寺
・蕗の浮島
・ラフランスのシャーベット
(一品選択)
やおやのにかいデザート[ cooking,foods ]

しっかりした野菜が「奇をてらうことなく普通に美味しい」おばんざいは優しい味でした。

それにしても、錦市場は久しぶりでしたが、この「やお屋の二かい」みたいに、老舗店舗が新しい試みをしてるケースはいくつか見られ、
また新しいお店もできていたりして毎度のことながらおもしろかったです。
こういうところは京都の良いところですね。

—-
ところで、今日はもう一つ。
やお屋の二かいで、私たちのすぐ後に入ってきたお客さんが
なんと、前職でお世話になってたイラストレーターのKさんとMさん!
(講師をしていただいていたので、先生、ですね。)
お互いびっくりするやら…

今日はそんなにはお話できなかったのですが
イラストレーターの先輩として、
また、同じ職場にいた同士として、
改めてお話させていただけたらなぁと思いました。

何より、ちゃんと覚えてもらってたのが嬉しかった!

K先生、M先生、今後ともよろしく御願いします。