鶏と玉ねぎのタマリンド煮/薩摩芋団子のアジア風スープ

昨日作った晩ご飯のおかずが、我ながら上手くいったので嬉しいです。またつくろう。

1つ目は、「鶏胸肉と小玉ねぎのタマリンド煮」。
ペルシャ料理の本からヒントをもった、酸っぱい煮込みです。
香味野菜(大蒜、生姜、香菜)と塩、砂糖、胡椒、粉唐辛子でマリネした鶏肉と、小玉ねぎをソテーし、タマリンドペースト+ひたひたの水で煮た物。最後に塩砂糖で調整します。
タマリンドペーストというのは、タマリンドという豆を発酵させたもので、なめてみると、梅干みたいな味がします。カレーにもよく使うのですが、なので、なかったら梅干でもいいんじゃない?と勝手に解釈してるのですが、今回のこれは、梅干だとちょっと違うかも。若干柑橘系よりのキリッとした酸味が、鍵になる感じです。
砂糖を積極的に使うのは、南方の料理でよく見かけますね。日本料理でもまぁまぁ使いますが、辛味や酸味とセットだと、一気にエキゾチックになります。

面白いなぁと思ったのは、カレー的なスパイスは一切使ってないのにも関わらず、カレーだ!と思ったこと。上で書いた「エキゾチックさ」がそう思わせるのですが、はて、カレーとはなんぞや?と考えてしまいます。

マレーシアのインド料理屋さんで。こちらもいろいろ選んでかけてもらう。
マレーシアのインド料理屋さんで。こちらもいろいろ選んでかけてもらう。
マレー料理、市場で指差し、おかずをいろいろぶっかけてもらったもの。
マレー料理、市場で指差し、おかずをいろいろぶっかけてもらったもの。

考えてみれば、マレーシアで食事をしたときも、全部カレーみたいに思えたんですよね。肉、魚、野菜、いろいろなおかずを選んでご飯にぶっかけるんですが、どんな味?と説明しようにも、どれもカレーぽい。
でも、きっと現地の人にとっては、カレーはカレーでも全て違うおかずのはず(だって、わざわざ選ぶんですもの)。こちらの感受性の問題でしょうね。スパイス料理は、そういうところが、日本人である自分には難しいなぁと思います。

2品目は、薩摩芋団子のスープ。
長らく眠ってる薩摩芋を消費せねば、と頭を捻りました。
蒸した薩摩芋をつぶし、片栗粉塩砂糖、あと、ココナッツミルクで柔らかさを調整して団子状にします。
これを鰹出汁(塩と薄口醤油数滴)で茹でて、仕上げにニラ。
香りvs香りの対決みたいなスープになりましたが、これも上手くいきました。
薩摩芋団子が、スープの中でどんどん溶けてしまったのが誤算だったのですが、トロミがついたスープも美味しくて、結果的には良かったです。

手前が鶏肉と小玉ねぎの酸っぱい煮込み、後ろが薩摩芋団子スープ
手前が鶏肉と小玉ねぎの酸っぱい煮込み、後ろが薩摩芋団子スープ

 

【出張はなうた食堂】お弁当持って

今回は、高校時代からのお友達の家に、出張はなうた食堂!
ある日突然思いついて提案してみたら、友だちも乗ってくれたので、計画実行です。

と言っても、よく考えたら、まともなお弁当は作ったことがない…。会社勤め時代は、多少作っていましたが、当時は料理にさほど思い入れもなく、経済性と省時間優先で、冷凍食品詰め合わせでした。
お重に詰めるのも初めて。「彩りのいい、盛り気味の弁当にしたい!」というイメージはあるものの、具体的なノウハウがありません。しかし、こんな時のgoogle画像検索!これが大いに役立ちました。ありがとう、世の中のお料理上手な皆様!

今回のお友だちのGちゃんは、私と同じくお料理大好きで、食べるのも大好きな人。なので、私もかなりワクワク、いつも以上にテンション上がりましたよ。

一の重
黒豆ご飯
唐揚げは五香粉風味。お弁当に入れると、どうしても固くなるのが課題ですね。
卵焼は、私の、いわばおふくろの味で、甘くないタイプ。これは外せない!
他、
牛蒡の胡麻和え、ピーマンの丸ごとグリル、ビーツのオーブン焼き
ジャガイモとザーサイ、チーズのお焼き、レンコンステーキ甘味噌和え
薩摩芋の蜜煮、甘栗と小玉ねぎの煮込み、芽キャベツのニョクマムマリネ。

二の重
こちらは中華風。
百合根ご飯には、少しだけ餅米を入れています。
焼売、ピータンとパプリカ炒め
春巻きは、イカ団子と葱、里芋が入ってます。練り物入りの春巻き、食べ応えがあります。
大根餅、人参マリネ、金柑寒天。

いくらなんでも二人分でこれは多すぎるだろ〜。残ったらGちゃん家の晩ご飯にしてもらおー。と思ってたのに、すっかり完食。
安定の食いしん坊二人でした。

お弁当づくり、思った以上に楽しかった。制約はありますし、衛生面も気を使いますが、その場で食べてもらう時のように、タイミングに縛られる必要がありませんから、それはそれで自由があるように感じました。基本的に、どのおかずも同じ温度で口に入るというのも、他にないポイントですよね。
またやってみたいな〜。

【はなうた食堂】台湾料理の会

2月のはなうた食堂(勝手に定期開催気分)は、台湾がテーマでした。メンバーは5名。いつもながら、作り過ぎたかなぁなんて思ってたのですが、野菜料理メインにしたこともあり、きれいになくなりました。
皆さん、ありがとう〜!!
食後には、台湾生活経験者(5年!うらやまし…)のHさんによる、台湾茶の茶芸。こういうの、いいですね。美味しく合理的に淹れるための手順はあるものの、特に厳密な作法もないようで、おしゃべりしながら、リラックスして美味しいお茶をいただくことができました。

今回のメニューはこちらでした〜。

10950710_394969650685429_3739804788319906660_o
人にお出しするなら、作り慣れたもの、が鉄則。といいつつ、毎回作ってみたい物を取り入れてしまうのですが、今回はそれが「豚肉と薩摩芋の米粉蒸し」でした。台湾では「粉蒸肉」と呼ばれるお料理。その名の通り、米粉をまぶして蒸すのですが、下味をしっかり効かせることと、米粉が日本の一般的なものに比べてかなり荒いというのが特徴でしょうか。とても美味しかったので、またやってみようと思っています。

気軽に来てもらうというには、少し遠い我が家ですが、集まってくださる皆さんに感謝です。また美味しい物を楽しみましょう!

Pavlova/パブロヴァ

FacebookのJamie Oliverのページで流れてきたPavlovaというお菓子。
Pavlovaという不思議な名前、Australian day(オーストラリアの日)と、オーストラリアを祝う日でもあるらしく、よくわからないけど、写真を見たら、とても美味しそうなので調べて作ってみました。

ちょうど冷蔵庫に眠ってた、卵白2個分を泡立てて、砂糖、コーンスターチ、ビネガー少々を加え、低温で乾燥焼き。ちなみに、この時、メレンゲに「水」を加えるというレシピがいくつかあったのですが、これは何の意味があるんだろう?

メレンゲ

焼きあがったら、無糖の生クリームを泡立て、プレーンヨーグルトを少し加えたものと、フルーツをトッピングするだけ。

パブロバできあがり
あまりにシンプルで、え?それだけ?味も想像できちゃうような…と思いながら作ったのですが、とても美味しかった!簡単だし、見た目も可愛いし、またつくると思います。
ただ、難点はすぐ湿気てしまうところですね。この日は天気が悪かったのもあるとは思いますが、日本でサクサクを長持ちさせるのは難しそうだ!

スープ・ド・ポワソン

スープドポワソン
フランス語で魚のスープ、という意味の、そのままのスープ。まだまだ試行錯誤中ですが、もともと漁師料理みたいで、適当に作っても、それなりに美味しくできます。なので、上品に仕上げるというよりは、気軽に手軽に作りたい。骨ごとスープにするので、どうしても「小骨を取り除く」という手間がかかるのですが、ここをどうやってクリアしようかなぁと思っています。
レストランみたいに滑らかなのではなく、素朴でざらっとした、それでいて、不快な小骨はない、という風にしたいんだけどなぁ。
毎回、濾すのに使うざるを変えてみたり、フードプロセッサを使ってみたり。ちなみに、今回はミキサーでがんがん回してみましたが、若干上品に仕上がりすぎました。

鍋の写真
煮こまれた状態。この後、濾します。
濾した後。
濾した後。

使ったのは、捌くたびに冷凍庫にためていた、いろいろな魚のアラ(青魚が混ざってもいいですが、ベースは白身の大型の魚がいいと思います。)、香味野菜類(にんにく、玉ねぎ、セロリ、人参、トマト)、ハーブ類(フェンネルシード、ローリエ、タイム、ディル)など。
にんにく、ハーブ類と共に、下処理したアラを炒めて、野菜を加えて1時間弱煮こみ、頑張って濾す。たくさんできたら、冷凍しておけます。