隠れルーツ(60’s〜70’s)

image.jpg 今日は仕事用の専門書を探しに行く夫について書店めぐり。
私のほうは特にあてはなかったのですが、本屋は好きなので気ままに見て楽しみに行きました。

そして偶然見つけたのがこの写真の本なのですが…。
著者は近代ナリコさん。
少し前に鴨居羊子さんの展覧会を見に行き、そのときに購入したのも近代さん(が、鴨居さんについて書かれた)の本だったので目に留まったのですが、今回のは「本と女の子〜おもいでの1960−70年代」タイトルのとおり、その時代の女の子向けの本がテーマのものです。

私は75年生まれなので、60年代はもちろん、70年代だってほぼ物心はない、といっていいのですが、ところがパラパラっとこの本をめくってびっくり。
知ってる本が紹介されているし、知らない本であっても、そのビジュアルには妙な懐かしさと親しみを強く感じるのです。

具体的には、サンリオの前身である山梨シルクセンターが出版したシリーズ本や、宇野亜喜良さんや内藤ルネさん、水森亜土さんらが挿画を担当された数々の本、雑誌などが紹介されています。
もちろん有名な方々ですから、その「名前」を知っているのは当たり前としても、まるで自分のルーツのように感じて新鮮。

そして、それもそのはず、幼い頃の私は自分用に所謂「かわいいもの」を買ってもらえるなんてことはほとんどなく、その代わりに目にしていたのが、近所のおねえちゃんたちのお下がりや、また、母の実家に残っていた、母含む三姉妹の持ち物。
この日記の最初に「知ってる本が…」と書いたのも、母の実家で見た本なのでした。
つまり、私の、かわいいものとかイラストレーションを代表とする「おしゃれなビジュアル」のルーツは、私自身にとってのリアル年代、80年代ではなくて、その一つ前、60年代〜70年代と言えるみたいです。

まだ中身はちゃんと読んでいないのですが、ぱらぱら、掲載されているビジュアルを見てるだけでも、その世界観やセンスにわくわくします。
今まで、自分のルーツなんてものにはいささかの興味もなかった、というかピンとこなかったのですが、その感覚も少し変わるかも。

ちなみに、写真の後に映ってるのは、同じく近代さんの「インテリア・オブ・ミー」。こちらはエッセイ集です。近代さんとの出会いにも興味をもって、一緒に購入してみました。
こちらも楽しみに読もうと思います。

ひとたちの時間

Today's Lunch

今日は仲良くさせていただいている造形作家のIRIIRIさんの個展「ひとたちの時間」にお邪魔してきました。
ユーモアとセンスがあふれるIRIIRIさんのつくる人形たち、初めて知ったときからすっかりファンなのですが、ご本人もすごく楽しくて素敵なおねえさんです。なので、作品はもちろん、おしゃべりも楽しみに…ww

会場は松井山手のア・ターブルさんというカフェ。初めて伺ったのですが、ここがまた素敵で、近かったら間違いなく常連になりたいお店でした。
日替わりランチプレートをいただき、ケーキをいただき、さらにテイクアウトでスコーンまでいただいて帰ってきました。(食べ過ぎ?)
お店のたたずまいはもちろん、オーナーさんスタッフさんの人柄が表れているように感じました。ほんとに居心地抜群。
うっかりすっかり、気づけば5時間近くも居座っていたような…

いっぱい笑っていっぱいしゃべった今日一日で感じたこと。
私たち、ものづくりの人間は、もちろん作り出すモノでもって世の中に参加するわけですが、
それでもやはり、自分自身の人間性、人との気持ちよい関係づくりが何より大事なのだなぁと感じずにはいられませんでした。

IRIIRIさん、ア・ターブルのみなさん、一緒におしゃべりさせていただいたIRIIRIさんのお友達のみなさま、
今日はありがとうございました!!!

Hair’em Scare’em

Hair'em Scare'em

「Quotation」という愛読雑誌で紹介されていた写真集。
小さな写真しか載ってなかったのですが、間違いなく好き!!と思ってアマゾンで購入しましたら大当たり!!めっちゃ好みでした。
タイトルのとおり、「毛」をテーマとしたいろいろなアーティストのアートワークがまとめられています。

もともと、美容師さんが読む専門雑誌の、何のためだかわからない(笑)実験的髪型を見るのが好きなのですが、そのさらにすごい版みたいな。
加えて、このところ密かに「髪の毛」ブーム。まだ完成してないのですが、髪の毛をテーマにした作品を作りかけてたりして、ぴったりはまってしまいました。
気持ち悪ーいけむくじゃら写真もあるんですが、それがまたテンションあがります。

ちょうど、GWのブリーゼブリーゼの開催中に届いたのですが、その中で一緒に出展していたアクセサリーデザイナーさんも好きに違いない!と持っていきましたら、やっぱり好きで、一緒に盛り上がりました。
こういうのも嬉しいなぁ。
ちなみに一緒に盛り上がったのは
Mum’s the WordのOさんとIさん。
Iさんは最近独立してソロ活動(?)もスタートされました。
AZUSA IIO
お二人ともすばらしいセンスとアイデアでいつも刺激をもらっています!

オタマトーン

先日購入したおたまトーン。

ときどき触ってたのですが、すごい演奏動画に出会って、ついつい夢中でコピーして遊んでしまいました。
Crying moon

触ったことない人には普通の楽器として見えちゃうのかも、なのですが
おたまトーンでこれを演奏するのはなかなかに楽しすぎるのです。

私はピアノ経験しかないので、弦楽器のように、曖昧な、揺れた感じの音が出せるというのがめちゃ楽しい!
加えて、自分の感覚だけを頼りに手を動かしてメロディーをつなぐのもなかなか燃えます。

次は実際に誰かと一緒にやってみたいといなぁ。
私の担当パートは、おたまトーンと口笛で!

寺田本家のお酒

teradahonke
今日の1枚:寺田本家のお酒
一時飲んでた焼酎を全く受け付けなくなり、今はもっぱら日本酒なのですが、中でも今家族でハマっているのが「寺田本家」さんのお酒です。

詳しくはサイトを見ていただいたほうが誤解がないと思いますが、なるべく自然のまま、空気中に自然に漂う様々な菌(もちろん悪い菌じゃないですよ)もそのままに、そして、お酒を無色透明にするための濾過もしない、もちろんアルコール添加もしないというお酒。
良い微生物がたくさん混じってるおかげで健康にも良く、たくさん飲んでも二日酔いにならないという噂…これはまだ試していませんが^^…な、そんなお酒です。

色々な銘柄をちょっとずつ試している途中ですが、どれも複雑な味わいで、安い日本酒にありがちな、ツンとくるアルコール臭さもありません。
一般的な日本酒をイメージして口に含むと、予想外の香りや味に驚くかもしれませんが
その複雑さが魅力なのです。

前回飲んだ玄米日本酒(精米度100%)「むすひ」は、甘酒のような香りに軽い酸味、今日飲んだ「醍醐のしずく」はとっても甘くてジュースみたいにフレッシュ!
週に数回、ちょっとずついただくのが楽しみです。