京都(2)

kanzan

さてさて、京都行きの目的は京都文化博物館で開催中の「乾山の芸術と光琳」でした。
尾形乾山は江戸中期に人気を博した「乾山焼」の創始者で、画家の尾形光琳の弟にあたります。

この二人の兄弟は、もともと裕福な呉服商の家に生まれるのですが、やがて家業は傾き、父親から受け継いだ遺産の手形も回収不能となり、生活のためにそれぞれ絵画、陶芸を志し、やがて名を成すこととなります。

おもしろいのが、
兄の光琳は派手好きで裕福な生活が忘れられず、弟の乾山にまで借金をし、
一方の弟は子どもの頃から内省的な性格で、陶芸に関わる事になったのも、遺産相続後早々に隠居生活に入ってしまったのがきっかけだった…ということ。
とはいえ、二人が対立して不仲になったということではなく、やがて江戸で成功をおさめた光琳は京都に戻り、弟の陶芸に絵付けをする形で協力し、すぐれた作品を残していきます。

このあたりの兄弟の性格の違いと、それでもうまくつながっていくところ、なんともリアルで、またふたりの信頼関係が感じられていいなぁと思います。

性格の違いといえば、乾山も絵を描いているのですが、二人の絵の違いも性格を如実に表していておもしろい!
光琳の絵はメリハリのある画面構成で迫力があり、「クール!」という表現がぴったりですが
乾山の絵はなんとなくのほほん、として力の抜けたかわいげのあるものです。
二人の筆跡を見てても同じ事が感じられます。

そんな二人がタッグを組んで作品を生み出していく…すごくおもしろかったでしょうね!

また、乾山は商才にも長けていたようで、当初は京都の鳴滝に釜をかまえて芸の追究並びに特定の顧客の注文に応じる形での制作に打ち込みますが、やがて人気が出てくると拠点を町中に移し、より多くの人に多くのものを販売する業態に転じ、成功していきます。
ちょうどこの頃が乾山×光琳の作品の時期と重なり、職人気質かつ商売上手の弟と、人気画家の兄とがいわば優秀なプロデューサーとデザイナーの組み合わせで人気を博していくのですね。

そんな乾山の陶芸は、創意工夫に富みデザインセンスも抜群で、現代にあっても絶対人気商品間違いなしのモダンさです。
色絵椿文向付」なんて北欧デザインか!?て感じです。

思えば、大学時代なんぞこういった美術史は必修科目だったにも関わらず全くまじめに取り組んでなかったのですが、
今頃になって興味が出てくると、ホントおもしろい。
昔はおもしろくなかったことが、おもしろく感じられるようになるというのも幸せなことだなぁと思ったりします。

京都(1)

高瀬川の桜 パティスリーカナエのケーキ

久しぶりに京都に行ってみました。
目的は京都文化博物館で開催中の「乾山の芸術と光琳」展なのだけど、
まずはもう一つの目的である「パティスリー・カナエ」へ。

この店のオーナーパティシエである小林かなえさんは、数年前から知る人ぞ知る的人気だったようだけど
最近は特にマカロンに力をいれてらっしゃって、本も出版されています。
店舗をオープンされたのも比較的最近のことみたいで、マカロン好きの私としてはぜひ一度行ってみたかったのです。

店は河原町から小さな路地を入ったところ。
「日本人のイメージするパリ×かわいい」といった色合いで、女の子ココロにストライクなかわいらしいお店です。
早速何を食べようか!?とショーケースをのぞくのですが、そこにあるマカロン(ざっと20種類)は種類が多すぎて選びきれそうにない…
と思ってたら、横のケーキコーナーに「マカロンタルト」なるものが。
これまた大好きなタルトの台の上に三種類のマカロンが乗ってます!
ケーキもマカロンも両方試せる!というのでそちらを御願いすることにしました。

乗ってたマカロンは「レモン」「フランボワーズ」「ショコラ」の三つです。
気になるお味のほうは…
マカロンはわりと固め。
香り高さや中のクリームのジューシーさを総合すると正直、今のところ自分の中で一番の、東京・梅が丘の「パティスリー レ・トラスドゥマ」にはかなわないもののまた他の味も食べてみよう!と思いました。
何より、フランス風(?)の色鮮やかなマカロンと比べて、優しいやさしい色合いが新鮮です。
次の京都行きも楽しみ。

実家からも近く、大学が京都だったこともあって、当時はしょっちゅうウロウロしてた街。
正直、京都という街が好きか?というとそれほどでもないのだけど、久しぶりに行ってみるとやはりというか何というか、食欲と物欲を刺激する街であることを感じたりして、それなりに魅力的。(観光・文化ではないところが地元民の性か?)
それに、この1年東京という魅力的な街と大阪の差をひたすら感じてた私にとって、
京都という街のパワーというか、街にいる人の、「この街は自分の街」という気持ちを感じ取る事ができたのは新鮮でした。
この街だけで世界が完結してる感は相変わらず苦手だけど、自分の街!と思うことってすごく大事よな…

ケーキの後はせっかくなので少し遠回りして高瀬川沿いを歩きながら、文化博物館へ向かったのでした。

写真左:高瀬川沿いの桜。周りは夜のお店(?)ばかりなのできれいではないのですが、桜は見事でしたー
写真右:カナエのマカロンタルト。いちご味のクレーム・シャンティーがおもいのほか美味しかった!

今日のことば

「何年かかってもよいでしょう。
自分を出そうとしなくても、見た感じを逃さぬように心掛けてゆけば、その都度違う表現となって、いつのまにか一枚の葉っぱが手にはいりますよ。
一枚の葉っぱが手に入ったら、宇宙全体が手に入ります。」

日本画家・小倉遊亀さんが師匠である安田靫彦氏に言われた言葉。

自分の表現としての絵を描くときはもちろん、何事であっても自分の思いを形にするときにはあてはまる言葉だと思います。
「見た感じを逃さぬよう、表現しつづけていく」ことの積み重ねこそを、自分自身の人生だと振り返ることができるのだろうな。

ギャラリー展示販売のお知らせ(08年8月)

8月29日(金)?9月10日(水)
8月29(金)〜9月3日(水)
大阪・南船場の雑貨店 タピエスタイルさんで
ギャラリー展示&販売を行います。
おもちゃ箱をひっくり返したような、かわいらしいもの満載のお店です。

日程が近づきましたらまた改めてお知らせいたします。

※日程が変更になりました!

今日の制作(ワールドカップ)

今日は友人のJuncoryさんに贈る予定の子たちの色塗り。
Juncoryさんは近く、デザイン関係の仕事でイタリアに行く予定があるので
そこに持っていってもらおう!ヨーロッパデビューだ!
という妄想のもとに、携帯ストラップを作っているのです。

携帯にぶらさげてもらってね、イタリア人の目にとまって
「oh! Japanese KAWAII~!」とゆってもらえる予定。(笑)

Juncoryさん、もうすぐ発送するからね、待っててねー