Pavlova/パブロヴァ

FacebookのJamie Oliverのページで流れてきたPavlovaというお菓子。
Pavlovaという不思議な名前、Australian day(オーストラリアの日)と、オーストラリアを祝う日でもあるらしく、よくわからないけど、写真を見たら、とても美味しそうなので調べて作ってみました。

ちょうど冷蔵庫に眠ってた、卵白2個分を泡立てて、砂糖、コーンスターチ、ビネガー少々を加え、低温で乾燥焼き。ちなみに、この時、メレンゲに「水」を加えるというレシピがいくつかあったのですが、これは何の意味があるんだろう?

メレンゲ

焼きあがったら、無糖の生クリームを泡立て、プレーンヨーグルトを少し加えたものと、フルーツをトッピングするだけ。

パブロバできあがり
あまりにシンプルで、え?それだけ?味も想像できちゃうような…と思いながら作ったのですが、とても美味しかった!簡単だし、見た目も可愛いし、またつくると思います。
ただ、難点はすぐ湿気てしまうところですね。この日は天気が悪かったのもあるとは思いますが、日本でサクサクを長持ちさせるのは難しそうだ!

スープ・ド・ポワソン

スープドポワソン
フランス語で魚のスープ、という意味の、そのままのスープ。まだまだ試行錯誤中ですが、もともと漁師料理みたいで、適当に作っても、それなりに美味しくできます。なので、上品に仕上げるというよりは、気軽に手軽に作りたい。骨ごとスープにするので、どうしても「小骨を取り除く」という手間がかかるのですが、ここをどうやってクリアしようかなぁと思っています。
レストランみたいに滑らかなのではなく、素朴でざらっとした、それでいて、不快な小骨はない、という風にしたいんだけどなぁ。
毎回、濾すのに使うざるを変えてみたり、フードプロセッサを使ってみたり。ちなみに、今回はミキサーでがんがん回してみましたが、若干上品に仕上がりすぎました。

鍋の写真
煮こまれた状態。この後、濾します。
濾した後。
濾した後。

使ったのは、捌くたびに冷凍庫にためていた、いろいろな魚のアラ(青魚が混ざってもいいですが、ベースは白身の大型の魚がいいと思います。)、香味野菜類(にんにく、玉ねぎ、セロリ、人参、トマト)、ハーブ類(フェンネルシード、ローリエ、タイム、ディル)など。
にんにく、ハーブ類と共に、下処理したアラを炒めて、野菜を加えて1時間弱煮こみ、頑張って濾す。たくさんできたら、冷凍しておけます。

ボルシチ

ボルシチ

 

ロシアのシチュー、ボルシチを作りました。ボルシチ、ブイヤベース、トムヤムクン、が、世界三大スープでしたっけ?

本物は食べたことがないので、google先生に相談してみましたが、「ビーツが入ってる」こと以外には、特に決まりはないみたい。ロシア人が本当にそう考えているかはわからないけど。まぁ、日常的に食べられている食事というのは、そういうものでしょうね。肉じゃがだって、厳密な決まりはないし。

大蒜と玉ねぎのみじん切りを炒め、改めて玉ねぎと、セロリ、人参を加えてじわじわ火を入れます。ついでに、ちょびっとだけ冷蔵庫に転がっていたエシャロットも。
フライパンで牛肉に焼き色をつけ、赤ワインでこそげ落とした美味しいところと一所に鍋に入れ、月桂樹の葉と水を加えてしばし。
それから、万を期してビーツを。今回は、具となる野菜はすべて太めの千切り、いや、千六本か。にしました。小さいサイコロでもかわいいかも。

塩胡椒だけで味をつけたら、見た目よりもはるかにあっさり。こんなものでいいのかな?と思いましたが、仕上げにサワークリームをたっぷり乗せたら、いい感じのコクと酸味が加わり、ついでに真っ赤がピンクになり、美味しくなりました。

ロシア在住のお友達に聞きましたら、仕上げにディルとか、イタリアンパセリが乗ってることが多いそう。サワークリームとディルの相性いいもんね。次はそうしよう。

米粉ビーフン二種

ビーフンが好きで、たまに作ります。
いろいろな産地、太さのがありますが、今のところ定番は台湾・新竹産の、細めのやつ。
新竹は、ビーフンの名産地。風が強い街で、それがビーフン作りにいいそうです。新竹産ビーフンは、中華食材店などに行くと、虎の絵のパッケージのをよく見かけます。虎の絵のも美味しいのですが、私は、文字しか書いてない、シンプルな、でもたくさん入ったのを買います。一玉のサイズが1人前になってて使いやすく、細さも好みだから。(虎のは、私が知る限り、一玉が二人前のものか、少し太めなのです)

今日は、昼、夜とも一人ご飯ということもあり、思い立って実験をしました。
ビーフンを料理するのは難しくないのですが、例えばお客さんに出したいなという時、あの嵩張る乾麺(戻した状態より嵩張るって、保存食としてはどうよ!?て思いますが・笑)を、お湯に浸すところから始めるのは、少し大げさです。予め戻しておいて、後は仕上げるだけにしておけないかなぁと思っていました。

続きを読む 米粉ビーフン二種

【はなうた食堂】新年会をしました。

ひさしぶりのはなうた食堂。お友達を招いて、我が家で新年会をしました。
たくさん来ていただけたらいいのですが、キャパの問題もあって、10人くらいまでが適当かな、という我が家。今回もACTUSで買ったF1テーブルがメインステージです。

table photo

いつも、皆さんが揃うタイミングで、料理も完成できたらいいのに、と思うのですが、一人だと限界がありますね。ちょっとワタワタしながらスタートしました。

料理の写真は、安定の後半撮り忘れ(汗)
お友達に借りた写真を取り混ぜながら、備忘録的にアップします。

オードブル盛

まずは、オードブル盛りあわせ。
小さなパンの形をした、甘くないラスクのようなものをスーパーで見つけて、それが大活躍しました。 最後の一個みたいだったけど、もう売らないのかな。

・鯖のパプリカロール
ワインなどを使いながらそぼろ状にした鯖を、ローストしたパプリカで巻きました。ローストしたパプリカは、おやつみたいに甘くなります。おもしろいです。
・トマトとオレンジのテリーヌ
テリーヌ、のはずなのですが、水分が少なかったみたいで寒天でまとまりきらず、パッと見、ただのトマトのように。。サワークリームと合わせていただきました。味はいいんだけどな!
・鱈のブランダード
バイト先のお気に入りメニューを拝借。といっても、レシピは知らないので自己流ですが。一言で言えば、鱈のすり身入りマッシュポテトです。

ケークサレ

ケーク・サ・レ
サーモンときのこ、ブロッコリーを入れて、プチトマトで飾りました。

サーモンたるたる
※撮影はIさん

サーモンとリンゴのタルタル
小さく切りそろえた、サーモン、リンゴ、胡瓜、トマトを、ポン酢ベースのドレッシングでまとめました。洋風なんだけど、ポン酢とあさつきが親しみやすい味にまとめてくれます。狐野芙美子さんのレシピがベースです。(細かいとこは忘れちゃったけど)

パテ・ド・カンパーニュ

パテ・ド・カンパーニュ(田舎風パテ)
これも、バイト先の定番メニューの、レシピは自己流です。一度作ってみたかったのだ!
「これ何?冷えたハンバーグ??」といいつつ、気に入ってたくさん食べてくれた男子たち、ありがとう。一番人気でした。

甘栗と小玉ねぎのみじょて

甘栗と小玉ねぎの煮込み
レシピを見つけて、おもしろそう〜!と実験してみた料理。
食べてみると、ごくごく親しみやすい、優しい味です。個人的には、次回はもうちょっとキリッとした味つけにしてみたいかな。

ラムランプ肉ロースト

ラムランプ肉のロースト、マッシュポテトとアップルジェリー添
残念、火が入りすぎました。塊肉は難しいね。
大好きなマッシュポテトと、ラム肉には定番だというミント入りアップルジェリーを添えました。
日本人的には不思議な組み合わせですね。ジャムと肉。でも、IKEAのミートボール×リンゴベリージャムも市民権を得たことですし、これからはどんどん受け入れられていくことでしょう。

いわしミントソース

いわしのグリル、ミントと香菜のソース
いわしは軽く塩をして、さっとグリルしただけ。ミントと香菜のソースとよく合います。とても気に入ったので、我が家の定番にしようかなと(勝手に)決めています。

ビーツのサラダ

ビーツのサラダ
皆さん、馴染みがなくてびっくりしたのか、後半で出したのでお腹がいっぱいだったのか?あまり減ってなかったですが、私が大好きなサラダです。
ビーツは、大根みたいな歯ごたえと、コーンみたいな甘みがおもしろい。一部のスーパーではありますが、最近は随分安く出回るようになってきたので、嬉しいです。

さて、ヨーロッパ風が続きましたが、アジアの部も。

酔っ払い鶏

酔っ払い鶏
蒸し鶏の紹興酒漬けです!

しゅうまい
撮影はIさん

焼売
ごくごく普通の。時間がなくて、お客さんのIさんに急いで手伝ってもらいました、の一品。写真は蒸す前です。

他、塩レバー、キャロットラペ、お子様向けにチキンときのこのグラタンなどを作りました。

お土産もいただきまして〜
おみやげ

Mさんからは、ワイン。Mさんの説明を拝借いたしますと
「アメリカカリフォルニア産。ジンファンデルというブドウで、メーカーは、レーベンウッド。三羽の渡りカラスのラベルが分かり易いです。口の広いワイングラスで、くるくるとすると、華やかな香りがふわーつと広がります。」
だそうです。
実際、渋味は少なくて、丸い味。飲みやすかったです。
我が家にはワイングラスがなくてですね。次回までには用意しようかなと、思ったり。

ミルフィーユ

(写真がボケててすいません)
Kさんからはお手製ミルフィーユ!なんと美しい!
すごいなぁ〜。私は、こういう繊細な技が苦手なので、憧れます。もちろん、美味しくてぺろりといただきました。

他、お料理上手なHちゃんママのチヂミや、チョコレートあれこれ。
もちろん、お越しいただく方には、手ぶらでお気軽に!と心からお伝えしてますが、いただけたら、素直に喜んでモグモグ、ゴクゴク。

あ〜楽しかった。
なんだかんだで、作る私が一番楽しんでいるのかも?
またやりたいなぁ。
お友達のみなさん、リクエストお待ちしておりますよ^^