ヒラマサのお造り

届いた鮮魚セットの中から、お刺身OKの、ヒラマサ。
お刺身が好きで、それ以上に魚を捌くのが好きなので、張り切って三枚に卸して晩ご飯に。
捌くのが好きと言うと、びっくりされることがあるのですが、なかなかうまくできなくて、次こそは次こそは、の繰り返しなのです。大きな魚を丸ごと扱うなんて、滅多にありませんから、数少ないチャンスを逃さず練習したいのです。
魚の構造も、包丁の使い方も、頭では理解してるつもりなのに、うまく掴めなかったり、ついうっかり失敗しちゃったり。ちょっと手術っぽいところもおもしろい。うまくいって、きれいに盛り付けまでできたら、嬉しい。好き、というより、おもしろい、と言ったほうが正確なのかもしれません。

ヒラマサを触ったのは初めてだったのですが、身も皮もしっかりしていて、なので、とってもやりやすかったです。お陰で、私史上一番綺麗なお造りができました。自画自賛。

こんなにしっかりしている魚だから、薄く切ったほうがいいのかなぁと思ったのですが、食べてみたらとても柔らかい。そして美味しかったです。さすが高級魚。
一緒に届いた真イカも、甘くて柔らかい。
新鮮で美味しいもの食べて、「甘い」「柔らかい」としか言わないのってどうなの!?と、グルメ番組観てて思ったりするのですが、いや、本当に甘かったです。
ごちそうさまでした。

1836793_1000783706628901_8862280759482676933_o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.