金柑のタルト

金柑が、長らく苦手でした。妙に甘ったるい香りとか、甘ったるい香りをさらに甘く煮るところとか。種を取るのも大変そうだし、なんでわざわざ食べるの?という食べ物だったのですが…

「たまたま」という、丸ごと生で食べられる金柑が出回りはじめたのを見て、興味を持って買ってみたら、見事はまってしまいました。香りは甘いけど、酸味もあるし、見た目もかわいい。丸ごと食べられるというのもいいです。

お料理につかったり

浅蜊と金柑、芽キャベツ蒸し。ロックフィッシュ間口さんのレシピより。
浅蜊と金柑、芽キャベツ蒸し。ロックフィッシュ間口さんのレシピより。

 

マチェドニアに仕立てたり

金柑、キウイ、バナナ、ライチ酒の、マチェドニア。長尾智子さんのレシピのアレンジ。
金柑、キウイ、バナナ、ライチ酒の、マチェドニア。長尾智子さんのレシピのアレンジ。

 

今回は、タルト。
立ち上がりをつけずに空焼きしたタルト台の上に、クレームダマンドと、半切りにした金柑。
3f336184-bcbe-11e4-85cd-22000aa686c4
切り口を下にして焼きこんだら、生地に金柑の果汁がうまく染みこみ、いい感じの仕上がりになりました。生地はしっかり甘いけど、金柑部分は酸味があって、良いバランスです。
ダマンド部分に、もうちょっと素朴さが欲しいなぁという気持ちはあるのですが、我ながら気に入りました。

手の平を返したように、気に入ってしまった金柑。
しばらく、いろいろと使ってみようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.