赤いスイートピー

ほとんどテレビを観ないのですが、ネットで話題になってたり、FBで知人がシェアしてたりして、知りました。
化粧品のCMで、松たか子さんが歌う「赤いスイートピー」

松さんの歌が素晴らしいです。
オリジナルの聖子ちゃんの歌は、まさにアイドル、かわいさ100%!という印象なのですが、松さんから伝わってくるのは「言葉」。さすが役者さんです。
松本隆さんの作詞ですが、歌謡曲全盛時代の、プロの作詞家が作った詞の巧さが、松さんの力でさらに増幅されて伝わってきて、嬉しくなります。
私自身は、バンドやシンガーソングライターが主流になった、つまり作り手と伝え手が同一であることが多くなった時代に10代を過ごしていて、大いに影響を受けていますが、その少し前、「言葉の力」がずっと大きかった頃の歌謡曲を聞くと、ハッとすることが多いです。言葉を紡ぐプロと、言葉を伝えるプロの競演。こういうのにもっと出会いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.