瓶の蓋

瓶の蓋いろいろ
瓶の蓋について調べました。
ジャムとかソースとか、たまになのですが、保存食ぽいものをつくります。
その時に、適当な空き瓶を再利用するのですが、ガラス瓶の本体は、割れなければ半永久的に使えるのに対して、蓋は消耗品。
食品の酸などで、サビがでたり、そうでなくても裏側についてるゴムっぽいの(多分パッキンの役目)がダメになります。
新しい瓶を買えばいいのですが、蓋だけ買えば経済的。でも、サイズというのがイマイチわかりません。規格は統一されているのか否か?興味が湧いたので調べてみました。

家に転がっている、いくつかの蓋を比べてみると、いくつかの大きさに分類できるみたい。ということは、規格があるんだな!
瓶の蓋を扱っている通販サイトの商品情報を便りに、覚書。
※実際に試したわけではなく、自分で測ったサイズを元にしてるので、間違いの可能性もあります!

手前から
ボンヌママンの大サイズ(370グラム入り)…ツイストキャップ82(または83という商品もあり。どっち?同じ?)
パスタソースのキャップ…ツイストキャップ63
ボンヌママンの普通サイズ(225グラム)…ツイストキャップ70
中央奥の小さめサイズ…ツイストキャップ58
右奥のスクリュータイプ。蜂蜜の瓶の蓋など…スクリュー(ネジ式)キャップ70

規格というか、販売されている蓋の種類に当てはまらないのもいくつかあった。台湾製とか、アメリカ製の食品の瓶。国が違うから仕方ないのかな。ボンヌママンはフランスだけど…

しかし、いろんなサイズがあるとややこしい。ツイスト/スクリュー70サイズの瓶は他にもいくつかあったから、今後はこれを基準に、残す瓶と捨てる瓶を分けよう。
ちなみに、ボンヌママンの瓶は、広口で使いやすいから、本体も優秀。ジャムを買うときはこれに統一しようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.