世界観。

運動でもしようかなぁと、ここ最近、何度か近所の文化センターなどを覗きにいってたのですが、実に色々な講座があることを改めて知りました。
「新聞紙でつくるエコバック講座」とか。
なんだよそれ、誰がそんなもんにお金だしてわざわざ学ぶんだよ。大体そのバッグ使うの!??と突っ込みたいところですが、注目すべきはそこではないのでしょう。
世の中・商売・金儲け、中身ではなく口先一丁だ、あ、いえ、そんな言い方したら下品ですね、何事もプレゼンテーションだ、というべきでしょうか、そういうことを思いました。
実際、お金出して学びたい人が存在するから講座があるんですしね。

例えば、
料理ものすごくうまいけど盛り付けやテーブルコーディネートがイマイチ < 料理はそこそこだけど見せ方がピカ一。
商品はものすごくいいんだけど、ディスプレイが適当 < 商品一点一点は他でも買えるけど、セレクトと見せ方がかっこいい。

人類一般的な志向なのか、現代の在り方がそうなのか、わかりませんが、少なくとも今私が生きている先進国の隅っこでの現実はそう見えます。

口先一丁なんて言いましたが、もちろん、適当な言葉でええように言い繕う、という程度の意味じゃないです 。
ストーリーを感じせ、世界観を見せる。
新聞エコバッグだって、新聞でできたエコバッグが欲しいと思わせているわけではなくて、思いがけないものから結構な見栄えの、しかも使えそうなものが作り出せる、というその物語に参加者は惹かれるんだと思うのです。私がやってる絵やものづくりの世界でも同じです。
しかし、私はどうもそういうところが苦手です。

料理は好きだけど、盛り付けはもちろん、テーブルコーディネートなんて正直どうでもいいし、自分がつくったものも、誰かいいようにアレンジしてよーん、と思ってしまう方です。商売をするという意味では、明らかに弱点だと思います。
(そもそも作るもんが大したことないやん、という批判はもちろん受け付けますが)

世の中、こういうケースは溢れているんでしょう。
そんじょそこらの料理研究家より料理が上手な主婦はたくさんいるでしょうし
売れっ子自己啓発本作家よりはるかに深い言葉を持つおじいさんもたくさんいるでしょう。
何が違うかというと、本人にその気があるかないかという話を除くとすれば、それを外に向かって見せ(られ)ているかどうか。
中身が全くダメなものであれば、いくらストーリーを作り上げたところで意味を成しませんが、ある段階でもって、商業的には、中身の重要性と外見の重要性が逆転する(ことも多い)、そんな感じがしています。

コミュニケーションだとか4Pだとかプレゼンテーションだとかマーケティングだとか、一生懸命勉強しましたが、自分が行動しながら感じ取ることは、歩みはやたらにノロいですけど、格段の立体感を持って見に染みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.