ユースホステルものがたり

少し前のブログにもチラッと書きましたが、今開催中の台北での個展が終了後、すぐまた同じ台北の別の場所で展示が始まります。
次の展示のスタートと、今の展示の終了は同じタイミングなのですが、次の展示があるということは、つまりお片づけに行かなくてはいけない!ということで
6月にも再び訪台することになりました。

もちろん嬉しいのですが、重なってくるとやっぱり懐具合は厳しいわけで、今回は経済的理由及び好奇心から、ユースホステル的なところを予約してみることにしました。アジアって宿安いイメージあるかもしれないけど、台北高いのよ。日本と変わりません。
幸い、妹がユースホステルを利用した経験があり、アドバイスをもらいながら宿選び。台北市内は土地勘があるので、初心者の最初の第一歩としては良い機会でもあります。

世界のバックパッカー御用達のユースホステルの予約には、いくつかの専門サイトがあるようです。
空室状況や価格だけでなく、宿泊した人のレビューも載ってるので参考になります。レビューといえば、日本国内ではステマなんてのも話題になりましたが、バックパッカー界にとって、クチコミというのは伝統的に(?)重要な要素のはず。複数のサイトで大きく違いがなければ参考になると判断しました。
いくつかのサイトをざっとみた後、“Hostel.com”と ”Hostelworld.com”というのがメジャーっぽいので、こちらを使って比較検討。
この時点で、条件の良さそうな宿はすぐに埋まっていくみたい…ということに気づいたので、内心少々焦りあり。初心者としては、バストイレ含むプライベートルームを選びたかったのですが、なかなか厳しい。かといって、ドミトリー(相部屋)はゆっくりできないだろうしなぁ…気合で乗りきれるお年頃は過ぎちゃったのよねぇ…ということで、バストイレは妥協(といっても最後まであがく)、プライベートルーム限定で探すことにしました。
しばらくサイト内をさまよった後、交通の便が良く、評価も高い宿に決定。日本語表示のできるHostelworld.comで予約することにしました。この2サイトに関しては、表示価格も同じだったので。

さて、宿を選び、日程を指定し………が、なぜかここに来て最後のクレジットカードが通らない。入力間違いかもよーとメッセージが出るので確認するが、問題なし。
仕方なく、こちらでの予約を諦め、英語表示のHostel.comで同じ宿を予約、無事完了。まぁ英語とは言っても必要項目は同じですからね。大丈夫なはずです。
すぐに自動返信の確認&ID,PWを知らせるメールが届き、宿の担当者からもフレンドリーなサンキューメールが届いてほっとしておりました。
ユースホステル、初めてだし不安だけど、決めてしまえば結構楽しみ。迅速な対応に親しみと安心感も湧いてくるってものです。

ところがその2日後、Hostel.comからproblem with processing your credit cardというメールが。このままカードが通らなかったら自動的にキャンセルされて、その旨メールが届きます。通ったらbooking has confirmedっていうメールが届くからねぇ…だって。
ええ?予約完了時点でカード認証済んでたんじゃないのかよ!???だいたい、booking confirmationのメールはもう来てるし!!!!と、いや、ちょっと待て。
confirmation と has confirmed て意味が違うのか!?(カチャカチャ…FBに疑問を書きこむ。英語の堪能なお友達、親切にすぐコメントくださる。ええ、違います。あなたの予約申し込み内容を「確認してね」とあなたの予約が「確認されました」は違うのです。…おお!)
がーん。。。

念のため、サイトの中のマイページにログインして、予約状況をチェックしてみたのですが、これまた、がーん…予約申し込み直後に確かに表示されていた、予約内容情報が消えてる…つまりこれ、キャンセルされてる…ついでに、私が予約したはずの部屋の空室状況を見に行くと、あらら、予約可になってるし…

どうしましょう。
さっきのメールによると、キャンセルされたらされたとメールが届くよ、てことになってるから、待つのが順序だけど、待ってる間に別の予約が入っちゃう可能性があるってこと…
頭を悩ませてると、予約サイトからさらにメール。「あなたのページに予約に関するメッセージが届いてます。マイページを見てね」。お、結果が届いたのかな?とすぐアクセスすると、今度はログインできない。えええ??何で?何でーーーーーーーーあれ?
ちょっとまて。
私はHostels.comで予約をした。先にも書いたとおり、Hostelsworld.comでは予約が完了できなかったからだ。しかし今届いたメールの差し出し人はHostelworld.com。
Hostel.comのログインパスワードは予約完了時に貰ってるけど、予約してないHostelworld.comのパスワードは 貰ってない。当然ログインもできない。あたりまえだ。でも、そしたらこのメールは何だ?しかも、本文に記されている予約番号はHostel.comのものと同じ。なんだこれ?

この時点で2つの混乱。
予約結果はどうなるのか? > だめだった場合、予約しなおすまで空室はあるのか?
何で別々のサイトから同じ予約番号でお知らせが届くのか?

でも、後者の疑問はすぐにうっすら、恐らくは解けた。この2つのサイト、きっと同じなんだ。worldはworldの文字の如く、多言語対応サイトって意味なのだ!…多分ね。となれば、ここはスルーして構わない。
部屋を確保することを優先しよう。
ということで、直接宿にメールしてみました。こうこうこういうわけで、キャンセルされちゃうかもしれない。でもそうなったらもう一度予約するつもりだから、それまで部屋キープしてもらえますか?とな。
一晩明けてすぐ返信が来た。OK,だったらPayPalで直接予約金振りこんでくれたら、部屋は準備しますよー。しかも、ちょっと安くしとくよー。だって!やったー!

幸いPayPalのアカウントは既に持ってたので、すぐに手続き。
宿からの確認メールも無事届いて、一件落着。多分。
いや、一つ気になるのは、予約サイトの私の部屋が未だ予約可能になってるってことなんだけど。
ダメ押しで、「メールありがとう。○月○日から4日間、○○の部屋ね!!!!」て返信をしておきました。

ああ。大丈夫かな、大丈夫かなー。

ま、大丈夫じゃなくても、泊まる場所自体がゼロなわけじゃないし、土地勘のある街だからその場でホテルも探せるし…何とかなるよね。

ゴッド・ブレス・ミー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.