旅のツール(洗濯編)

今回の台湾旅は、約一週間の旅。
往路は展示用作品もたくさんありましたので、それ以外の日用品をどれだけ減らすかは大切でした。
幸い、同じ場所での滞在でしたし、日本より気温が高い地域でしたので、最もベーシックな手段「現地で洗濯する」ことに決定。
ただし、もちろん、洗濯するならその準備がいります。

まず洗濯を干すという問題。
洗濯ロープというのがどこにでも売っていますが、これまでの経験上、洗濯ロープを引っ掛ける場所がない、というケースが結構あります。
どうしようかなぁと思ってたら、100円~500円均一ショップにて、ドアの上部にひっかけるタイプの複数枚干せるタオルかけのようなものを見つけたので、今回はこちらを持っていくことにしました。大量の洗濯物は無理ですが、下着とタオルくらいなら干せます。
同じように、軽量で折りたたみできる、床置式のタオルハンガーみたいなのでもいいかも。

次に、どれだけ早く乾かすかという問題。
いくら暖かいと言っても、手で絞っただけのものを一晩あるいは一日で乾かすのはなかなか厳しいものがあります。
こちらは、王道のバスタオルドライ。広げたバスタオルに、洗った洗濯物を乗せ、端からくるくると巻いてそのまま絞りとる、という方法です。
ただし、バスタオル自体が結構かさばりますから、家にあるもので一番薄手のを選んで持っていきました。
話がそれますが、バスタオルって分厚くある必要は全くないなぁと思っています。やたらふっくらした立派なのをいただいたりしますが、そんなにびしょびしょなものを拭くことってまずないので、自分で買うならなるべく薄くてペラペラしたのがいいなと思っています。乾きやすい。

そして、洗剤ですが、今回はこちらにしました。

洗濯だけでなく、顔も体も洗える…と、まぁ所謂普通の石けんなので、何でも洗えて当たり前なんですが、ちょっとおしゃれな感じのこれです。
こちらに決めるにあたっては、少し迷いました。
携帯性を考えれば、粉石けんが一番です。うっかり荷物の中で漏れ出したときのリスクも少ないし、いざとなったら機内持ち込みもできる。価格も粉せっけんの方が圧倒的に安いです。
ただ、洗濯だけでなく、お風呂でも使うことを考えると、粉石けんをわざわざ溶かして使うのはもしかしたら面倒かなぁと考えてこちらに。
いや、正直に言うと、マジックソープを使ってみたかった、というのもありますw。

結果的には結構良かった!洗濯はもちろん、少量で泡立つので、体にも頭にも、ストレスなく使えました。
髪の毛用には、念のためクエン酸(粉末)をリンス用に持っていきましたが、リンスなしでも問題ありませんでした。
ただ、顔にはちょっと洗浄力がきつすぎたかもしれません。旅の途中で、ちょっとヒリヒリした感じになってしまいました。
今回はティートゥリーという、殺菌力もある精油入りのを選んでしまったので、そのせいもあるかもしれません。次の機会には別のを試してみようかな。

ちなみに、体にも頭にも使えて良かった、と思えたのは、私が日頃から石けんシャンプー派だからかもしれません。そうじゃない人は、特にシャンプーとしては使い辛いかも。やっぱりキシキシしますので…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.