12歳の感覚

興味深いエントリに出会いました。
無報酬でも今の仕事をやりますか?

いいですね。特に「12歳の頃」というのはすんごいよく分かります。私の場合は小学5年生(10-11歳頃)だと思っていますが、まぁ大きな違いはありません。もしかしたら男女で多少成長時期のずれがあるかもしれないし。
何にしろ、すべての興味の源は小学校卒業前に出揃ってるし、10-11歳頃の、興味への特別な集中の仕方は今につながってるというのが実感としてあります。

頭脳的にも身体的にも、おおよそのことが理解&できるようになって、世の中にも視点が向き始める、かつ思春期前の10歳〜12歳頃って、「社会人」になるための大きな鍵となる時期ではないかというのが私の仮説です。特に家庭/学校以外の活動に参加すると爆発的に吸収できるタイミングなのではないでしょうか。発達教育学的に、こういう研究があるのかどうか、わからないですが、社会参加の第一歩的な体験ができるといいのではないかなぁと経験から感じています。

と、偉そうに書いていますが、未だもって自分の生きる道は模索中。現実的に割り切れないタイプなのです。
ちょうどいいので、当時の自分の興味とか傾向を書きだしてみます。

実際にやっていたこと:
a.漫画(漫画雑誌に初めて投稿してみたのがこの時期)
b.音楽(市の合唱団に入って、ものすごく熱中してました)
c.料理、お菓子づくり(友達と「お菓子レシピ交換日記」をしてみたり、図書館で借りてきたレシピ本をノートにイラスト入りでまとめたり)
d.情報収集/編集的なこと。今風に言うとキュレーションとも言えるのでしょうか(?)。c.とも関連しますが、興味を持ったことについて、図書館で調べて、文章でまとめあげるという作業にすごく熱中しました。
社会科で出てきた「公害病」に興味を持って、イタイイタイ病のことを調べたり、当時の中曽根首相が「単一民族発言」したことをきっかけに知ったアイヌ民族のことを調べたりしたのを覚えています。…改めて思い出すと結構社会派だな、私。(笑)
同時に、誌面レイアウトというのもおもしろいと感じました。文字はどう揃えるのがわかりやすいかなぁ?とか、どんなバランスだと読みやすいかなぁ?とか。学級新聞づくりを自ら言い出したこともあります。(これはもうちょっと早い学年だったかも?)現場取材はせずに文章づくりと誌面構成だけをする新聞記者になりたかったな(笑)。

漫画はストーリーづくりの才能がまるでなかったし、全コマ全ページ同じ完成度、丁寧さで仕上げなくてはならないという作業も性に合わないことがわかりました。中学入学後は、音楽とファッションに興味が移って、漫画は滅多に読まなくなってしまいましたので、比較的興味の度合いは低かったのかもしれません。絵を描くということだけは今も残っていますが、この点については、渦中すぎて、今はうまく分析できませんので割愛。

bの音楽について。音楽そのものの才能は全くですが、エンターテイメントとか、身体感覚、人前でのパフォーマンスという要素は、今の自分の中に結構根を下ろしているように思います。音楽自体よりも、「人に伝えるための演出」のほうがむしろ大切な要素として私の中に残っているという感じがします。
あと、どうやったらうまく発声できるのか、というしくみとか練習のプロセスとか、そういうこと自体がおもしろかったです。

プロセスについては、c,d,でも共通することかも。ものづくりにしても、情報収集、解説、伝達にしても、how?というのが中心にある気がします。
c,d,については仕事にこそしていませんが、日々の中で現在進行中。何かつながらないかしら、という虫のいい妄想は常にあります。
自分の性格も考え合わせると、絵やエンターテイメントよりもむしろこちらの要素のほうが重要な気もするし、このあたりはこれからの課題です。幸い、今はインターネットがありますから、気軽かつ真剣に遊んでみたらいいかなと思っています。

12歳(〜10歳)の感覚。「マスタリー」の追求。昔に戻れはしないし、戻りたいとも思わないですが、当時の感覚は忘れないようにしたいと思っています。