【グループ展情報】物語がうまれる一枚の絵 vol.6

東京・表参道のOPAギャラリーにて開催される、「物語がうまれる一枚の絵 vol.6」というグループ展に参加いたします。
2011/9/16(金)〜21(水)まで。

タイトルどおり、物語がうまれそうな…一場面を描いています。今回は平面のみ!一体どうなるのでしょう…。
20人ほどのイラストレーターが参加するので、私も楽しみです。

告知がぎりぎりになってしまってすみません。お近くを通りかかられましたら、ぜひお立ち寄りください。

ギャラリーサイトはこちら
http://www.geocities.jp/opa_gs/html/event20110916.htm

2011年8月台湾環島旅行4日目〜その3

なかなか進みませんね(笑)

RIMG0408.JPG

哈瑪星バスで次に降りたのは、高雄駁二藝術特區というところ。
古い線路沿いの、空き地?だったらしいところを、ギャラリーやアーティストのアトリエとして開放している…といった雰囲気のところです。
ちょうど「好漢玩字節」という、漢字をテーマにしたグラフィック展をやっていました。台湾、中国、シンガポール、日本など、漢字を使う国の学生が参加して、漢字が表意文字であることを幅広く解釈して、いろいろな試みがなされていました。
とっても面白そうだったのですが…… 漢字の国の人間といっても、中華圏の人に比べたら、私、すっごく漢字力不足なんだわ、ということがわかった!(笑)。意味がわかったらもっとおもしろかっただろうなぁ。

外は、線路跡地がサイクリング、ジョギングコースになってたりして、いい感じのエリアです。

RIMG0409.JPG

その後は夕食に。

普通といえば普通のお店でしたが、妙に印象に残っています。
台湾旅行では、どうしても小吃のお店がメインになってしまい、こういった、ある程度腰を落ち着かせて、気軽にしっかり食べられるお店に入ることが少なかったからかもしれません。地元の”いまどき”若者たちの様子が感じられるのもいいのかも。
ザ・台湾ローカル、という食事もいいですが、現地の、現代の日常生活に触れるというのは、とってもおもしろいですね。

この日はこれで予定終了。
駅で翌日の長距離列車の切符を購入して戻りましょう…と、窓口へ向かったのですが…

ハプニング!

予定していた列車が満席ですと!

幸い、30分ほど早い便ならあるよ、ということだったのですが、乗りたかった「自強号」に対して、空席があったのは「莒光号」。ちょっと時間がかかります。中国語で尋ねてみましたよ!「什麼時候到台東?」。
…いえい!通じた!予定より30分遅く到着ということでした。
台東で数時間過ごした後、さらに列車で移動なので、つまり台東滞在時間が短くなってしまうということですが、まぁ許容範囲です。よかった。
旅行前は、一日二本しかない各駅停車で移動しようかと考えたくらいですから(鉄ちゃんか!)、乗車時間が長いのは、まぁ良いのです。
それにしても、当日朝窓口に買いに行くなんてこと、しなくてよかったです。慣れない旅では早めの準備が大事ですね!

5日目に続きます。