2011年8月 台湾環島旅行〜3日目 その1

3日目。今日は宿泊地の高雄から列車で台南に日帰り観光です。 台南は台湾の古都。台湾料理発祥の地でもあるので、楽しみ。

07:08 台湾鉄道(区間)で高雄から台南へ(07:59着 51m) 
      徒歩とタクシーで台南、安平散策 
16:32 台湾鉄道(区間)で台南から高雄へ(17:25着 53m) 
      ホテルで休憩 
18:?? MRTで高雄から市議会へ 
      徒歩、遊覧船で愛河散策 
21:?? MRTで市議会から美麗島へ 
      徒歩で南華夜市、六合夜市散策 
22:?? 徒歩で美麗島から高雄へ 
      ホテルで休息 


遠近法と違いますよ。向こう側が普通の粽(日本で見かけるのと同じサイズ)、手前が八寳粽。
肉粽、もちろん、もち米。それがこんなに大きくて、一気に満腹以上に…!!!
好物の粽ですし、美味しかったのですけどね、このお陰でこの日はあまり食べられない、という事態に…。台湾旅行でこれは大問題です。
これから再發號を訪ねる皆さんは、八寳粽のサイズには注意されたほうがよろしいかと。。(特製八寳粽はさらに大きいのかな!)

その2に続きます。

★台南、行ったところマップ★
<
より大きな地図で 台南/行ったところマップ を表示

2011年8月 台湾環島旅行〜二日目 その4

RIMG0215.JPG

一日目、張り切って「地元ッ子夜市」にチャレンジし、あっさり玉砕した私たち、この日の夕食は高雄最大の「六合観光夜市」で調達することにしました。
調べてみると、ホテルから徒歩圏内。なんだ。こんな近かったのか。

六合夜市にて、胡椒餅。おいしかった。

初・胡椒餅。おいしかった。

薬膳猪肚、肉操飯。猪はいのししじゃなくて、豚です。

薬膳猪肚湯と肉操飯。薬膳湯(漢方スープ)は私の大好物!猪はいのししじゃなくて、豚です。

アイスクリーム春巻き、のようなものを買ってみました。飴で固めたピーナッツをカンナで削ってます。

アイスクリーム春巻き、のようなものを買ってみました。飴で固めたピーナッツをカンナで削ってます。潤餅(クレープみたいなの)の上にこの飴粉をふり、アイスクリームとパクチー(!)を乗せて、くるりと巻いて食べます。

そして本日のメインはこちらにしました。

海鮮屋さん。好きなのを選んで、料理方法も選べますよ。

海鮮屋さん。好きなのを選んで、料理方法も選べますよ。

イカ団子ー

イカ団子ー

焼き巻貝ー

焼き巻貝ー

蒸し魚ー

蒸し魚ー

食べきれないかなぁと思ったのですが、しっかり食べ尽くしました!
料金が書かれていないお店だったので、食べながらちょっと心配になり、いくら?と聞いたのですが、私の耳に入ってきた音をそのまま書き取ると「san shi ji bai ba」…???三十七百八十元????(1元=約2.7円)
おかしいよねー間違ってるよねーーー、、そもそも三十七百、なんて言い方しない(と思う)し、夜市だし、知れてるよねええと、食べ終わって会計に行くと「780元」でした。ああよかった。台湾にしては高めですけど、美味しかったし、日本と比べると十分安いですし。
私の耳に入って来た san shi はなんだったかなぁ。shiは是(英語だとis)だと思うんだけど。どうだろう。ちょっとわかりません。そもそも聞き間違いかもしれないし。修行修行。

台北の夜市とはメニューも違っておもしろいです。
全体的に海鮮が多く、小麦粉系メニューは少なめ。小麦粉料理は中国大陸北部がルーツですものね。

ひととおり食べ終わって、夜市すぐそばの美麗島駅見学に
立ち寄ってみました。
私たちのホテルは一つとなりの「高雄駅」なのですが、こちらの美麗島駅、とってもきれいなのです。

MRT美麗島駅外観。

MRT美麗島駅外観。

RIMG0231.JPG

凝ったつくりですねぇ。
高雄のMRTの駅のいくつかは、こういった「芸術駅」となっていて、見応えがあります。建築好きな人はよりおもしろいかもしれません。

最後に、美麗島駅すぐ近くでみつけたへんな立体看板。

街角のへんな広告物。
写真だとわかりにくいのですが、唇部分が中に浮いているのです。なんだこれー。

旅前半の一大ミッション、バス乗り降りを無事に終えた第二日目はこれで終わり。再び徒歩でホテルに戻りました。

三日目に続きます。

2011年8月 台湾環島旅行〜2日目 その3

RIMG0195.JPG

墾丁から恒春に向かいます。こんどはバスに乗りたい!
バス停でしばし…

地元のおじさんがどこ行くの?と話しかけてきました。恒春だというと、バスもあるけどタクシーでもいけるよ、とか、「日本語だと恒春はコウシュンだね!」みたいなことをいろいろおしゃべり。
ふと姿が見えなくなったと思ったら、すぐ戻ってきて恒春の地図をくれました。うーん台湾らしいねぇ。
やってきたバスにも、このおじさんがいち早く気づいて停めてくれた上、運転手さんに行き先まで伝えてくれました。おかげさまでバスを停めるのに全身全霊を捧げなくてすんだよ!おじさん、ありがとう!!!

さて、次は「下車」ミッションです。
ここで気づいたのですが、行きのバスが「車内放送、電光掲示、停車ボタンつき」だったのに対し、今回のバスは停車ボタンしかありません。電光掲示はもちろん、車内放送もなく、黙々と走り、停まり……  ええええ!??

幸い、恒春は往路でも通りかかりました。城壁が残っていることもあってわかりやすい街ですし、大きなターミナル駅でたくさんの人が乗り降りしたはず=今回も自動的に停まる可能性が高いはずです。
それでも念のため、地図と窓の外をにらめっこ。台湾の通りにはすべて名前がついているので、こういうときは助かります。
目印になる城門を通り過ぎたので、停車ボタンを押して、出口の方へ移動開始〜。
予想どおりターミナル駅に停車し、運転手さんも大声で「恒春に着いたよー!」みたいなことを言ってくれたので、結果的には問題なしでした。油断できないなぁ…

バスから降りて、まず「出火」というエリアを目指すことにしました。
出火へは、「東門」跡を抜けて歩いていきます。

ちなみに、最後に乗ったこのバスには、電光掲示、車内放送はもちろん、停車ボタンすらありませんでした。私たちは終点まで乗ったからよかったのですが、そうじゃない場合は、運転席まで行って停めてもらうしかないようです。難易度高いなぁ……
このときの運転手さん、やたらとおしゃべりなおじさんで、一番前の席のお客さんと延々としゃべり続けていました。お茶屋さんの前のバス停に停まったときには、突然外に向かって大きな声で「紅茶!!!」。すかさず店の人が紅茶をデリバリーしてくる、という場面もありました。のどかでええですねぇ…

その4に続きます。

★墾丁エリア、行ったところマップ★

より大きな地図で 墾丁行ったところマップ を表示

2011年8月 台湾環島旅行〜2日目 その2

鵝鑾鼻を出て、墾丁を目指すべく、バスを待ちます。距離にしたら4−5キロくらいかな?
このバスで少し悩みました。橘線(オレンジライン)というルートバスが、鵝鑾鼻〜墾丁〜恒春間を走っているというのは事前に調べていたのですが、鵝鑾鼻まで来るバスは「暇日のみ」。暇日、とは…。。。この日は曜日で言えば平日です。でも夏休みシーズンではあります。果たして暇日に当てはまるのかどうか…

売店のおっちゃんに聞いてみました(旦那さんが)。
ペラペラペラペラ、流暢な(当たり前)中国語が返ってきました。私の理解度は0.1%くらいですが、指差した方を見ると、おお。ちょうど橘線バスがやってきてるではないですか。今日は暇日なのね!おっちゃんにお礼を行ってバスの方へ向かいました。しかし、バスの運転手さんはさらに別の場所を指差してペラペラ。どうも、帰りのバス停はあっちだから向こうで待っとけ、と言ってる様子なので、素直にバス停に移動しました…が、バスが来なーい。どうも、もっと先にもバス停があって、先ほどのバスはいったんそちらに回ってから戻ってくるみたいですねぇ…

タクシーに乗ることにしました。
墾丁までいくら?と聞くと300元。
聞いてみたものの、高いんだか安いんだか、何しろ初めてなのでわかりません。後から考えたら高い気もしましたが、まぁ仕方ありません。ささっと移動。墾丁のメインストリートで降ろしてもらい、お昼ご飯場所を探します。

鵝鑾鼻からタクシーに乗り、メインストリートのある墾丁に移動しました。何食べようかなー

墾丁大街。メインストリートです。夜はすごくにぎわうそうです。

お昼を食べたお店の外観。

旅南活海鮮。こちらにしてみましょう。

選んだお店は、海鮮屋。店頭に出ている魚介類を選んで、オーダーするシステムでした。

牡蠣!

牡蠣とか

墾丁の野菜のナントカ…というメニューを適当に選びました。獅子唐の仲間ですね。

墾丁の野菜のナントカ…というメニューとか。獅子唐の仲間ですね。

麺。

麺とか。

蛤湯。おいしー。

蛤湯とか。おいしー。

お腹を満たし、テイクアウトで買ったお茶を飲みながらしばし散策。台湾はどこにでもお茶スタンドがあるのがいいね。

墾丁の街からは、ほぼどこからでもこの変わった形の山が見えます。大尖山という、ランドマークです。
RIMG0173.JPG

森林公園入り口。時間がなかったので、入り口のみ。機会があったら是非中を歩いてみたいものです。

森林公園入り口。時間がなかったので、入り口のみ。機会があったら是非中を歩いてみたいものです。

海のほうへも行ってみましょう。

ビーチのほうへ行ってみます。

ハンモックなんて見えてきて…

RIMG0183.JPG

RIMG0185.JPG

RIMG0186.JPG

うーーーみーーーーーーー!!
ザ・南国。真っ青な海です。嬉しいなぁぁぁ♪

ちなみにこの海の片隅には

遠くに風車が三基。右端に見える茶色の建物は原発でございます。

遠くに風車が三基。右端に見える茶色の建物は原発でございます。

なんてのもあるのですけどね。

景色の美しさはすばらしいです。来てよかったなぁ!

その3へ続きます。


より大きな地図で 墾丁行ったところマップ を表示

2011年8月 台湾環島旅行〜2日目 その1

RIMG0150.JPG

06:40 長距離バスで高雄から鵝鑾鼻へ(9:05着 2h25m)
徒歩で鵝鑾鼻散策
11:?? タクシーで鵝鑾鼻から墾丁へ
徒歩で墾丁散策
13:?? バスで墾丁から恒春へ
徒歩で恒春散策
14:30 長距離バスで恒春から高雄へ(16:30着 2h)
ホテルで休憩
18:?? 徒歩で高雄から美麗島へ
徒歩で六合夜市、美麗島散策
21:?? 徒歩で美麗島から高雄へ
ホテル休息

2日目になりました。
今日は高雄から長距離バスに乗り、台湾最南端の墾丁エリアを目指します。
一番南の尖端になる鵝鑾鼻、リゾート繁華街である墾丁、古くの城郭の残る恒春、の3つの街を巡る予定。

このエリアを選んだのは、ちょっとしたミーハー心もありました。
台湾で歴代No.1ヒットとなった映画「海角七号」の舞台が恒春〜墾丁、それから、春から夏にかけて日本でも放映されていた台湾ドラマ「墾丁は今日も晴れ(我在墾丁*天氣晴)」の舞台でもあるのです。どちらも、夫婦共に観ていて、景色がきれいだったので行って見ることにしました。

移動に関して、一番のテーマは「バス」。何しろ異国で土地勘がありません。アナウンスもわかりません。事前の噂によると、「台湾のバスは全身全霊で止めないと、バス停で待っていても素通りされる」……。

バスの会社やルート、時刻表などは可能な限り日本で調べました。
リゾート地である墾丁までは、複数のバス会社が共同で「墾丁列車」という名前のバスを運行させているそうです。列車ですがバスです。
じゃあ簡単じゃー…と思ったらどっこい、共同運行で名前も一緒ですが、出発地の高雄のバス停の位置がバラバラです。ヲイ。
ややこしいので、サイトが一番わかりやすかった「高雄客運」のバスに乗る、と決めうちにしました。バスターミナルは高雄駅すぐ隣。ホテルからもすぐです。
朝6時すぎ、筆談メモ片手に窓口へ。始発駅なので、ここでは切符を買って時刻を確認すればあとは待つだけです。

2日目朝。今日は長距離バスで台湾最南端の街まで。うまく乗りこなせるでしょうか。

バスターミナル。ここから出発です。

墾丁という街を目指します。「88」と書いてあるのは、88号線(多分)という高速を利用する路線という意味です。普通のより早いはず。

墾丁行き終点の鵝鑾鼻という街を目指します。「88」と書いてあるのは、88号線(多分)という高速を利用する路線という意味です。普通のより早いはず。

バスがやってきました。シートはふかふかで、なかなか座り心地が良いです。だいたい2時間半くらいの予定。
バス車内。ソファー仕様で乗り心地は良かったです。

朝早かったので、出発するや居眠りしてしまい、目覚めたときにはルートの半分くらいまで来ていました。
このあたりで気づいたのですが、このバス、結構な数のバス停に泊まります。日本の一般的な路線バスより多い感じ。つねにアナウンスと車内電光掲示が変わり、乗降客がいたりいなかったり。まぁ、最初はとにかく終点まで行けばいいことがわかっているので、ここではあまり心配せず、車窓を眺めていましょう。

乗ったときには結構お客さんがいたのですが、終点近くになるとほとんど誰もいなくなってしまいました。心配したらしき運転手さんが何か大声で声をかけてきました。
キョトンとしていると、別のお客さんが「◎▽××去哪哩?」
…あ、どこまで行くか確認してくれてるのね。答えてみましょう。実は今回は中国語を学び始めて、初めての中華圏旅行であります。
「鵝鑾鼻!」
(運転手さんとお客さん、わかった、わかった、という反応)

おおおおーーーー。通じました!
鵝鑾鼻という地名、漢字が難しいですが、読むのも難しいのです。ピンインで書くとe2luang2bi2。注音符号で記すと?????????(←文字化けする?)。中国語のたしなみのある方は言ってみましょう。
それが通じたもんで、ちょっとテンションアーップ。

親切に訊ねてくれたお客さんもすぐに降りてしまい、終点までは本当に私たちだけ。人気ないのかなー。

海が見えてきたー

海が見えてきたー

そして到着!鵝鑾鼻にはちょっとした自然公園があって、自然散策が楽しめるようになっているのです。バスには人がいませんでしたが、公園内はそこそこにぎわってました。

南国!

南国!

終点、鵝鑾鼻(日本語読みだとガランピ?)に着きました。?最後まで乗ってたのは私たちだけで、心配したらしき乗客の人にどこ行くの?と聞かれました。ちゃんと中国語で答えられました。やったー。?ココナッツジュースで喉を潤しましょう。

ココナッツジュースを飲んでみたり。

…まじですか

こんな看板もありましたけど。

へんな岩がいっぱい。

RIMG0135.JPG

RIMG0143.JPG

灯台です!

灯台です!

結婚式用の写真撮影中。

結婚式用の写真撮影中。

台湾八景のうちの一つなのですね。

台湾八景のうちの一つなのですね。

南国の緑いっぱい、海も満喫できて、すごく気持ちのいい公園です。すごくおすすめ〜!
1時間ほどブラブラした後、墾丁に向かうことにしました。バスはあるのかなー。

その2へ続きます。