舒米恩(suming)トークライブ

舒米恩(suming)と青木由香さん、若木信吾さんのトークライブに行ってきました。
sumingは台湾原住民、阿美族出身のミュージシャン。トーテムというバンドのボーカルでもあります。
青木さんは台湾在住の日本人で、台湾にまつわるエッセイやガイドブックなどを書いていらっしゃいます。最近発売されたFRaU台湾特集のコーディネートもされてます。
昨年、sumingと、彼のバンド、トーテムを捉えたドキュメンタリー映画「song for home」が公開されたのですが、それを撮影したのが若木信吾さん。今回は映画DVD発売を記念した日本トークライブツアーということで、イベントが開催されたのでした。

sumingのことは一度テレビでちらっと見て気になってました。
アトランタ五輪のテーマソングになったこの曲、正確には元曲ですが、これを歌っていたのが同じく阿美族のシンガー、郭英夫/ディファン・クォ(というか、古くから歌い継がれてきた曲だそうですが)でした。
そのシンガーの後を継ぐであろう若いシンガーという紹介のされ方だったように記憶しています。

その後偶然song for Home紹介のサイトに出会い、今回のイベントを知り…というご縁。
サイトのトップで流れる歌を聴いて、もうこれは絶対生で聴かねば!とすぐさまイベント参加申込をしたのでした。
http://totem-movie.net/
※音が出ます。

トークライブということで、阿美族の文化紹介もあり、これがおもしろかったです。
母系社会である阿美族では、女性が強い。結婚相手を決めるにも、女性が男性を追うそうで、お祭りのときに行われるその駆け引きの方法とか、独身男性が身につけているバッグと鈴の意味とか。
あと、男性の名前は必ず「役に立つ」モノの意味が込められていて、sumingは「炭」、sumingのお父さんの名前は「ちりとり」、おじいさんに至っては「男性の大事な2つの…以下略」という意味だとか(爆)。

そんな感じで楽しくスタートしたイベントでしたが、ライブ本番は期待通り本当にすばらしい!
魂に直接響くような歌声。
できたらマイクも通さずにやって欲しかったけど、Ust中継もやってたようなので仕方ないですね。でも、台東(sumingの故郷)の大自然の中で生でこの音楽を聴いたら本当に感動するだろうなぁ!!

台東といえば、イベントの冒頭で、青木さんが自ら撮影してきた台東の写真を見せてくださったのですが、これまた本当にきれい。緑が濃くて、海は穏やかで、鏡面になった水面に雲が映り込むほどで。是非一度じっくり滞在してみたいなぁ…
(実は今夏の旅行で台東を通りかかる予定。その翌日から台東でsumingの出演する音楽フェスがあるのですが、スケジュールがどうしても合わず涙を飲んでいます…)

そんな美しい台東ですが、厳しい現実もあるようで、阿美族の聖地とされる場所を政府が開発しようとして反対運動が起きている、というような話も紹介されました。今の政府ができるよりずっとずっと昔から住んでいた原住民なのに、後から決めたルールによって排除されてしまうという理不尽な現実です。
ちょっとずれますが、台湾では原発や核関連施設が、マイノリティである原住民の生活場所につくられているという話も聞きます。

話をライブに戻しましょう。

歌をただ聴いているだけのライブではありませんでした!
阿美族の伝統的な民謡では、主となる歌い手のリードに合わせて、他の大勢が間の手を入れるのですが、それを体験させてもらえたのです!さらに踊りも!

すごい嬉しい!
一度あの輪の中で一緒に歌ってみたかったんです。
もちろん本当は現地で、もっと大勢で、迫力満点であろう歌声に包まれるのが一番の夢ですが、でも嬉しいよう!

ちなみに歌い踊ったのはこの曲です。石頭歌というみたいです。

間の手は単純なので、さほど難しくないのですが、踊りのほうが、単純なのにやけに難しかった(笑)
動画の後ろのほうで複雑な手のつなぎかたをしてステップを踏んでるの、わかるでしょうか。これです。
本当のお祭りのときは、でっかい輪になって回りながら歌い踊るみたいです。

終了後は購入した映画DVDにサインをもらって、記念撮影もしてもらって。
webアップOKということなので、写真も上げます。

sumingはこの日日本に到着したばかり。翌日大阪で2本のライブ、そのまま東京入りしてまたライブ、さらにその後は気仙沼でも歌うみたいです。ハードスケジュールー!!!加油!

素敵台湾!
奥深くて、ますます近づきたいです。
まずは何としても言葉。中国語、私はこちらを加油です。

「舒米恩(suming)トークライブ」への2件のフィードバック

  1. 初めて sumiingの歌声を聴きました。
    響き藁る声音、素敵ですね。サビのところは現地の方言かな。
    トーク&ライブ、こんなに近くでやっていたのに気付いてなかった。
    9月5日に台湾ほんの著者が来るようですが、ご一緒しませんか?

  2. CHOOさん
    こんにちは!コメントありがとうございます^^
    素敵な声でしょう〜。私も一回で好きになりました。
    9月のイベント、青木さんのですよね?ぜひぜひ。
    別途連絡させていただきますね。よろしく御願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.