試作続く

フェルトのパッチワーク(…この言葉以外に表現方法ないかしら)がおもしろいので、引き続き試しています。
雑貨として成り立たせることはできるかしら?と、今回はパスケースをつくってみました。

★表面
pass.jpg

★裏面
passu.jpg

右側のグリーンのほうは少し大きめで、無理矢理でしたらiPod touchも入ります。というか、本当はiPhoneケースを想定してたのを、微妙に小さくなった為に変更したのですが。
仕上げの縫製は、右が手縫い、左がミシンです。
布の厚さも相当なので、両方試してみたのですが、やはりミシンのほうがピシっとしますねぇ。

手作り雑貨とはいえ、素人臭く見える手の跡は見せたくないと思っています。
そのあたり、細部はまだ修正したいところがたくさん。ステッチの色とか幅とか。
柄も、ある程度の細かさがあったほうがきれいなんですが、かといって細かすぎると扱いきれません。
このあたりは、全体が大きければ、大胆なところと細かなところのコントラストをつけることができるので、大きめのタペストリーなんかも試してみたいなぁ。

もうちょっと技術面の精度を上げること、と同時に
私は決して器用さを売りにできるタイプではないので、絵柄部分にどれだけ魅力を持たせることができるかだなぁと思っています。

ーーーーー

実は次のイベントまでもう1ヶ月切っています!!
いつもの立体ドールちゃんも作らなくちゃいけないのに何やってんだよ!と焦りながらこんなことやってました。
でも今回のこの試み、自分にとってかなり大事な体験となるのではないかな?と感じているのです。
ごまかしの効かない色合わせ、全体の構成。
イラストレーションのこと、雑貨のこと。
だからなんとか理由をつけて(?)引き続き研究したいと思います。