海角七号を観ました。

ウェイ・ダーション
マクザム
発売日:2010-06-25

台湾映画「海角七号〜君想う、国境の南」DVDを観ました。気に入って2回も続けて。

日本統治時代に出会った台湾人と日本人二人の別れと、現代に生きる二人の出会いの物語が平行して描かれます。
同時に、にわかに集められたバンドの、初ライブまでの日々。

勉強不足なこともありますが、私にとって台湾は不思議でならない国です。
例えば、台湾に旅をして驚く、日本語の浸透具合や、親日文化。
特に、台湾に台湾人として生まれながら、統治時代に日本人としての教育を受けた世代の方が、日本を恨むどころか今もってとても美しい日本語で、ウェルカムな態度で、話しかけてくれること。
公式には国と認められていないという不安定さを根本に持ちながら、治安を乱すことなく、経済的に発展し、同時に日本とは比べ物にならないであろうほどの収入格差を柔軟に受け止めている様子の、かの地の日常。
驚きと同時に、感動的な気分にすらなるのです。

映画の中で歌われる「野ばら」は日本でも有名な曲ですが、統治時代に台湾でも広がり、今も親しまれているそうです。
日本統治世代の台湾のおじいさんが日本語で、若者が中国語(台湾語?)で、そして日本人は日本語で。
バンドは、台湾原住民族、大陸から渡って来た民族入り交じっての、まさに「台湾」を体現するメンバー構成。

いろいろあった両者が、その恨みサイドではなく、あたたかな痕跡を、大切に自然に、今に紡いでいるという事実の一つの側面を、この映画は見事に描き出しているように思いました。

台湾、ほんと、もっともっと知りたい国だな。

道場マッチ。

image.jpg

久しぶりに「人の力もお借りしてのトレーニング」に取り組みます。
いつもお世話になっているOPAギャラリーさん企画の「道場マッチ」。
東京のデザイン事務所・マルプデザインのデザイナーさんに担当していただき、架空の書籍の装幀をつくりあげる、というワークショップです。
絵を学ぶ、特に技術面じゃなくて表現面という事に関して、どうしても身構えてびびってしまう私にとって、「大切なことはコミュニケーション能力であり、その能力を伸ばすのに必要なものはリラックス」という道場のPR文はすんごく嬉しくてホッとするもの。また、多少なりとも絵のお仕事をさせていただいて、仕事をスタートする前とはまた別の課題が見えて来た今のタイミングは、受講にも良いタイミングだ!と思って申込みました。
(なんでいちいち身構えてびびるのかの理由は、長く暗くなるので今回ははしょりますが。。乗り越えたい私の大きな壁です。)

先週の土曜日、8/7が第一回目でした。
自分の持てるものを発揮するには、成長するには、まずはリラックスが大切!ということで、楽しいゲームも交えの4時間+懇親会。
当日も、道場長・清水さん(マルプデザイン代表)の言葉にいちいち納得して頷いて、そして修了までの半年間120%以上で思いっきりやろうという思いを強くしました。

ちなみに写真はおみやげの「マルプスコーン」。
ル・キャロッス・ドールの尾野田さんという方が特別に作ってくださったそうです。マルプデザインの佐野さんがル・キャロッス・ドールのロゴマークをデザインされたのがご縁だそうですが、なんと素敵ではないですか。
マルプの皆さんはすごく雰囲気が良いので、良い会社なんだろうなぁ、といつも思うのですが、このお話聞いてまたそう思いましたよ。(ああうらやましい 笑)
翌朝妹ちゃんとおいしくいただきました。ありがとうございました!

以下、当日メモ/私の解釈。
・相手をリラックスさせようとしてみる。プレゼントする気持ち。
 …自分をどう見せようとか、どう見られてるかとか、ベクトルを自分に向けるのではなく、相手に向ける。そのことでエネルギーが内にこもらず、外に流れる。(良い絵が描けたと思うとき/良いコミュニケーションが取れたと思うときはだいたいこれがうまくいってると思うので、納得。)

・感じたことをなるべく「自由に(自分の言葉で)」言語化する。
一線で活躍している人はこれがうまくでいている。そのことで、相手に自分のことを良くわかってもらえて、さらに縁がつながる好循環。(プレゼンテーション)
例えばグラフィックデザインの場合でも、なんとなく気持ち良いからこの位置、ではなくて、それが何ミリなのか、というのを言葉で確認していくことで、次に応用できるようになる→アベレージが上がっていく。(暗黙知→形式知)

・人生の中で、何かに力を注げる期間は本当に短い
・例えば、目に入ったものを選り好みせず、とにかく描く練習
・ぼんやり見る場合でも、その理由。ぼんやり見るほうが見えることもある
・自分の絵を裏切らない。ここまで描かないと自分の絵にならないと思うんであれば、他人から見て不思議でもやる。
・絵を描くこと故の人生!すべてが自分の絵につながる!!

特に最後。
どうしてもまだまだいろんなことのバランス、力配分を考えてしまうし、そういうことは必要なんだけども
でももう、私は絵を描く人生の中にいるのだということを改めて、もしくは、ちゃんと、覚悟したほうが良いし、そうするしかないんだと思ったのです。
30歳になった頃に、ようやく自分が人生の本番にいるんだ、という認識を持てるようになったわたくしですが、今回こう感じたということはつまり、まだちょっと足りてないものがあるんだろうなぁ。

絵を学ぶというと、どうしても感覚的な部分が多くって、人の言葉を聞いても確信が持てず不安になることのほうが多いのですが、今回はいっぱい言葉が伝わってきてほんと嬉しい。
このチャンスを大事にしたいと思います。