ラジコ

radiko(ラジコ)というサービスが始まりました。
http://radiko.jp/

ラジオ放送をネットで聴ける、というサービスです。
マンション住まいになってから、ラジオ電波が実質的に入らず、音楽浦島太郎生活だったのですが、これで解決されます!
東京地域は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
大阪は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県
で、それぞれの地域のラジオが聴けます。
不満は、京都のαステーションが入ってない!てことと
できたら東京の放送も聴きたいわね、と思うのですが、これは大人の事情なんでしょうねぇ。
(今得た情報によると、会社なんかでサーバーが東京にある関係か、東京の放送も聴ける方がいるとな!…会社でラジオ聴ける人はお試しを)

最近はネットのおかげでいろんな音楽に触れられて楽しいな。
twitterでミュージシャンをフォローしてると、それぞれの音楽談義にも触れられてさらに新しい曲や情報に出会えることも。この感覚は中学くらいのときに、ラジオや音楽雑誌から手当たり次第に情報ゲットして、わけわからないままアンテナを伸ばしていってた、あの感覚に似てます。
おもしろいなーと思ったのは、佐藤竹善さんが時々やってる「tweetDJ」。youtubeのURLと、その曲にまつわるトーク(?)を連続ツイートしてくれるのです。
わからない言葉もいっぱい出てきますが、専門家が専門のことについて嬉しそうに語り遊んでるのは楽しいもんです。

あと、これもtwitterつながりですが、Ustream(Youtubeみたいなものですが、リアルタイムで流せる…という説明で合ってるかな…まだよくわからない)でやってる、dommuneというもの。
http://www.dommune.com/
これはクラブイベントの映像と、その音楽を毎日19時からリアルで放送するのですねー。そこに対して、ネットで観てるひとはtwitterでじゃんじゃんコメント入れる。
クラブ音楽も、暗いところに知らない人が(しかもエッジィすぎる人たちが)うようよいる、という状況も苦手なので、とうとうクラブ遊びにははまらず仕舞いでしたが、刺激はあるのでこれもちょっと注目してます。

一方で、タワーレコードでもPRしてた「Napstar」サービス日本版は終了してしまいました。
定額で音楽聴き放題、ネットでの放送に制限ありまくりの邦楽も比較的充実してて、新しい音楽探しには最適だったのに、残念すぎます。これも大人の事情の様子。

まぁこれからも新しい試みは生まれてくるのでしょう。
大人の事情に甘える業界を動かすのも「新しい試みの勢いと賛同者の数」だと思うので、期待して待ちたいと思います。