オリンピック

100226flower_w

バンクーバーオリンピック、フィギュアが終わりましたねー。
採点方法にはいろんな意見もあるようですが、キム・ヨナちゃんはやはりダントツ!
高い技術の上に花開く表現、というのがぴったりと思いました。

個人的には鈴木明子さんやアメリカの長洲未来ちゃん、男子だと高橋大輔さんやスイスのランビエール選手みたいに、演技に華のある人が好きです。

オリンピック全般そうなのですが、フィギュアは特に、私自身の創作活動に重ねて感ずるところが多いように思います。
先にも書きましたが、身に付いた技術の上にこそ成り立つ表現の力強さとか、自分らしさをいかに活かすかとか…
周りがどんな状況であれ、自分は自分の演技をするだけ、というのもそうですよね。

あと、年齢と共に理解/共感できることも増えて、それだけ感動も増えてくるのを実感してるのですが、今回思ったのは「満足です」という言葉の示すもの。
モーグルの上村愛子さんが「満足です…あ、満足じゃないんですけど…」というような言い方をしていたのですが、自分の力は出し切った、でも、結果は届かなかった、という、「ほんとにやりきった」という意味の「満足」。
切なさと、充足感。無力感と、すがすがしさ。
そんな感じでしょうか。

ちょうど、「ほぼ日刊イトイ新聞」で糸井重里さんが同じようなコラムを書かれていました。

まったく参加することもできないような競争で、
 「実力不足」なんてことは言えません。
 「あわよくば好成績も」と欲がでてしまうくらいの強さ、
 というか、弱さが認識できたときに、
 やっと言えるようになるんだろうと思うのです。
 今回、これを言えた選手は、
 ようやく「実力不足」と言える地点に到達したんですね。
 つまり、「実力不足でした」なんて言えるほどの実力は、
 なかなかつくもんじゃないんですね。
 
 他人のことはわからないですが、
 ぼくがいちばん長くやっていた
 コピーライターという仕事で、
 「実力不足だなぁ」と感じたのは、
 おそらく中年になってからだったと思います。
 大きな「無力感」といっしょに感じたものでした。
 でもね、「実力不足」を感じてから後のほうが、
 あらゆることがおもしろくなったのも確かです。
(糸井重里:2月25日「今日のダーリン」より)

残りの競技も、ちらちら楽しみながら、日々の活動にいそしみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.